記事一覧

No.012 万<よろずがく>学(音声不良編)

☆YHK(万屋・放送研究局)☆

No.012 万<よろずがく>学(音声不良編) 

収録日時 平成18(皇紀 2666;2006)年01月28日 約40分
・音声の情報は、未公開です。
 ・過去の放送は、こちら

万<よろずがく>学

 ”万屋のHIRO”が発行をしている Mail Magazine の
Title(タイトル)です。

 数年前から発行を行っており、そこから知りえた内容を
基にして、大きな課題を定義して、集中的に物事を考え、
研究、実験してみようとの試みなどへ発展をしています。

第一課題 正義の名の下に

 物事を二分化して考えてみようと言うのが、問われて
いました。これにおける原点で犯罪における不法行為を
悪とする感覚と、それに対し正当化が認められる殺人も
あったり、現実においては、一般論からだけで語れない
現象が、私達の周囲で多発しております。

 私的な結論では、見方が二点だけでわ敵対してしまい、
多角的に考えて中和する折衷を基に物事を解決する事で
中和をしてしまう事が可能でわないだろうとかと言った
推論と、結論に達しています。

第二課題 零、0、Love・・・

 愛は、果たして”零”なのだろうか? 全てが何も無い
と言うことなどが、愛なのか?

 だからこそ Einstein(アインシュタイン)は、”無”と
言った存在を理解したく、仏教などにも興味を示していた
と感じています。

 原子爆弾の爆心地を GroundZero(グラウンド・ゼロ)と
も呼ばれており、その他にも世界貿易 Center Building
(センタービル)の悲劇地に付いても Ground Zero とも
呼ばれているようです。

第三課題 球

 ”物事を多角から見てみる”ことから「球の如く物事を
多角から見出せば、きっと共存的方法が見つかる」と言う
ことを前提に、物事を追求します。

 この課題を基にして暫くの間は、Mail Magazine を発行
予定です。

参照
万(よろずがく)学
 ・万学2

△注意△

 番組の中で、不明確な点や不正確な点などが
ありましたら、各々が自力で調べて下さい。
 私が常に正しい事を伝えていると限りません。
その保障なども、一切に致しません。

著作権

著作権法

■提供・宣伝■

・提供
 ・万<よろずや>屋
 ・個人的趣味のHP♪
  ・Chat(チャット)

番組詳細 Form Version 11.2-YWS+T