記事一覧

そして、次の 『 なぜ 』

我妻よ、なぜ故に

 「いつまで入っているのぉ~!」

 そう言って、なぜ故に貴女(あなた)まで
入って来るのでしょうか?

 「いつまで入っているの?」

 「私たちは、まだ入ったばっかりだって!」

 「・・・。」

 「そう、そこの黙秘を決め込んでいる貴方に
  言っているのです!」

 「あ、もしかして俺?」

 「そぉ~です!」

 想ってみれば、この子達に付き合わされて、
何気に長湯と成っている事は、事実である。

 そして先程に娘達に、「想っている事に伴う
行動の責任が問われる」とも言った手前では、
その責任も問われる。

 ここは・・・。

 「っわ、私が何か・・・」

 っと、謙虚な展開を・・・。

 「まぁ、良いでしょう・・・。
  既に反省もしているようなので、早々にと
  出なさい!」

 「っは、はい♪」

 そそくさと、風呂場を逃げるような低姿勢で
出て行く私の姿を、娘達は、どう見ているのか?

 謙虚な姿勢で前を隠しつつ、低姿勢で風呂を
出て行く父(おじさん)の姿は・・・。

 『 むしろ、そっちの方が恥ずかしい! 』

 っと、体を拭きながら、取り返しの付かない
過去の現実を反省しながら、寝巻きを着る。

食卓

 既に、準備が整ってるのだが、他の者たちが
居ないのである。

 箸(はし)を手に取り、茶碗の端を『 ちん♪
ちん♪ 』と叩けば、一曲ぐらいなら作れそうな
感じである。

 想えば、生物学上、女の長湯は、有名であり、
その長湯が三匹で、風呂場を占拠しているので
ある。

 目前には、美味しそうな、おかず達が「私を
食べ下さい♪」と言わんばかりに、並んでいる。

 私は、犬でもなく、まして『待て!』と言う
指示も受けてないのだから、食べてしまっても
良いのかと思う。

 でも、その誘惑に負けて、食べてしまえば、
順番的に、そろそろ出てくるであろう、年頃の
娘二人が、私の食事状況を見て、ああだ、こう
だと言うのであろう。

 それを避けつつ、娘達が食事を食べ始めたら
『 私も・・・(むふふ) 』、それなら我妻も
攻め入る事は、不可能と思う目論みである。

さて準備は、万端!

 なのに、未だ誰も風呂から出てこない。