記事一覧

No.501 医療 Receipt における電子化に付いて

平成26年02月24日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.501
作成 平成25年07月19日
課題 医療 Receipt における電子化に付いて
送付 平成25年07月20日

= 本文面に付きまして =
 現、元衆参議員、並びに各公共機関宛に
要望文の作成、配布を行っております。

 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 なお、担当や管轄に値をしない内容でも、
参考資料として把握されたく想っています。

(該当省庁、機関にも別配布を行っている)

= 趣旨 =
 平成26年度以後、電子Receiptに移行され、
免除された場合にのみ手記の受付が可能と
される。

 ところが、その移行率が悪と感じられ、
相応の対策が必要とされる。

= 対策 =
 以前に、上限50万円の助成金があったの
かと想われる。

 それを新たに、上限30万円での助成金を
検討されたい

 Receipt Computer(通称:レセコン)は、
Hard(機体)、Soft(Software:ソフト)
との二種の観点があり、機体とSoftwareを
加えての上限が30万円で、Software だけ
ならば、上限を10万円程度に抑えられたい。

 そして、既に自費で購入している場合も
対象と成るが、以前に上限50万円で助成を
受けている場合は、対象から除外される。

 金額の観点としては、上限20、10万円の
枠でも検討されたく、基本的に Software
だけの場合は、基礎上限の半額を限度額と
されたい。

= 結語 =
 医療保健の Receipt に関する課題は、
主に『 電子での請求 』が課題と成る。

 ところが実際だと、レセコンの価格が
高く、SoftwareのVersionup(バージョン
アップ)など保守費用も、必要とされる
ことがある。

 その場合に町医者など小さい病院では、
経費の負担が増える一方と成る。

 またレセコンを提供する企業側では、
機体とSoftwareを抱き合わせで売る事で
高い利益を得られる事が期待をされる。

 それらの関係から、一般に多く普及を
されているPC(Personal Computer)用
Softwareを使うことで機体を購入せず、
『経費を安く抑える事も可能』なのかと
想われ、費用が安く済むのだから、その
上限を引き下げるのは、当然の事である。

 よって国は、Receiptの電子化に伴い、
最後の助成金制度を設けられたく、その
観点は、「以前の助成金制度が終わり、
残念に想っている病院を、最終支援する
感覚で行われたく、以後での支援が無い
ことも、各病院側に覚悟してもらう」と
言う意味合いで、検討をされたい。

= 補足1 =
 厚生労働省 保健局 医療保険システム
高度化推進室に、先行して要望を伝えて
おり、「行政案として検討してもらう」
ことを伝えている。

= 補足2 =
 参議員選挙の関係から、新規参議員に
本件の内容が伝わらないことが有る。

日本の国民、その一人より
(経済活動・行政に対する鑑査)

本文の発送先>

1.衆・参の全ての国会議員
(尚、MailAddressを公開している議員のみ)

2.各公的機関(地方自治体を含む)
(尚、電子政府、各自治体のHPから送付 )

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、医療 Receipt における電子化に付いて

天使 時代は、進化する!

悪魔 大規模な災害が発生すると停電するよ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =