記事一覧

No.503 職員用の各種手引書に付いて その2

配信 平成26年03月02日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.503
作成 平成25年07月24日
課題 職員用の各種手引書に付いて その2
送付 平成25年07月26日

= 本文面に付きまして =
 本件の内容は、立広聴・第146号に
伴う、再質問になります。
 

= 趣旨 =
 当方で問い合わせているのは、「各種
職員用の手引書には、(一)遂行をする
義務が課せられているのか、(ニ)努力
義務なのか」を確認しているのであり、
状態や今後の方針を聞いてない。

 そもそも立川市役所全職員は、(三)
憲法を適切にと市民に説明が行えず、
(四)各種の手引書内容も把握をして
無い。

 そうした現実を踏まえ、「市役所の
方針として、各種の手引書内容を遂行
する義務が有るのか?(だけ)」を、
再確認する。

 なお、立川市役所の職員を、民間
(一、二部上場)企業の従事者よりも
信頼する理由が、これまでの経緯から
無い。

= 理由 =
 各種の手引書(接遇、Compliance)
などの内容は、高校生程度なら理解が
行え、民間で Arbeit(アルバイト)
教育でも使われるような内容に成って
いるのかと想われる。

 つまり現状の立川市役所の職員は、
「高校生程度が理解が行える内容を
怠慢的に、各技能を修得しない」と
判断をしており、それらの原因が、
「各種の手引書を理解する事に課せ
られている責任義務への軽率な意志
から生じている」のかと判断でき、
そうした職場の環境を維持している
状況も悪い。

 よって、研修であれ、何であれ、
職員が、一般民間企業でもArbeitの
教育に使われるような手引書内容を
遂行できない立川市の職員は、その
公務内容の品質が悪く、その原因は、
『 各種の手引書における遂行義務
などが課せられてないから 』だと
想え、その確認を行うに至っている。

= 結語 =
 先日に、とある課に配属されてる
Arbeit(当人が臨時職員と主張)が
電話での応対に、奇妙な対応をした
ので、『(一)入庁時に職員研修を
受けたのか、(ニ)憲法の前文を、
把握しているのか』等を、他の職員
と同じく確認した。

 その結果、「特に教育は、受けて
ない。」との返答があった。

 つまり立川市役所は、「Arbeitに
すら、まともに職員教育が行えない」
っと判断せざろず、市役所に不満を
抱く市民は、異国の人でも無い限り、
多いだろうとも想える。

 ちなみに市長選挙、市議会議員の
投票率が悪い場合は、行政に対して
「不満が有るが、関与をしたくない」
と言う『自治活動への参加拒絶』が
原因と成っている事が多い。

 また、「立川市役所は、故意にと
市民に不満を抱かせるような対応を
行っている」とも判断でき、それの
確認を兼ねて、手引書の遂行義務が
課せられているのかを確認している。

 よって立川市役所に各種手引書が
有っても、その遂行義務(責任)が
課せられて(減給や降格、始末書の
作成など)無いと想像でき、それの
事実確認を行うに至っている。

 なお、立広聴・第146号では、
「相手(私)に対して、負担を生じ
させるのが目的で、『相手が怒るで
あろうことを想定した内容文である
(つまり、相手を侮辱する目的)』
とも感じられ、そような文面を作成、
許可する課長、部長を排除されたく
必要に応じ当方でも罷免請求などの
検討をする。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、職員用の各種手引書に付いて その2

天使 職員は、まず手引書に従うこと!

悪魔 頭の悪い上司に従いなさい!

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =