記事一覧

No.517 立広聴・平成26年・第645号に付いて

配信 平成26年05月12日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.517
作成 平成26年04月11日
課題 立広聴・平成26年・第645号に付いて
送付 平成26年04月11日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 返答の内容には、不明確な点と、不信な
部分が有るので、再度に確認を行う。

= 不明点 =
(一)
 状況に応じて、Patrol(パトロール)が
行われるとの事であるが、「それを市民が
行うのか?」を確認する。

>理由
 自治性の観点から、「市民にと、協力を
求める」のが普通かと想え、立川市役所の
場合だと、市役所の職員が民の奴隷の如く
色々と働きかけるのは、民に対して過保護
状態であると感じられ、市民の自衛意識を
阻害して(低下させて)いる。

 よって、「仮に、市役所の職員が主体で
行われているのならば、それを市民側にと
自衛的に行うように促しつつも、何だかの
情報を市民が得たら、それを市役所の担当
部署へと連絡をしてもらうよう、全市民に
周知を行う」ようにと、検討をされたい。

(ニ)
 そもそも立川市では、平成26年04月10日
15時頃から強風にと成っていたが、それの
情報が無いのは、不適切である。

>理由
 立川市で、長年に住んでいる人ならば、
「あの程度なら、日常でよく吹く」と言う
感覚でも、他の市民にとって、それが強風
だと感じる事もある。

 また近年では、「強風から小型の竜巻を
発生させるに至る事がある」ことからも、
一般者が大いに警戒する必要が有る。

 更に、ごみを出す日などでは、「ごみが、
散乱する原因に成る」ことからも、市民に
協力を求める必要も有る。

 よって、強風による警報を伝えないのは、
市外から転居してきた者として、不適切と
感じられ、強風などの警報も防災情報にと
加えられたく、『(甲)ごみ出しの注意、
(乙)竜巻発生、埃がまう等から、児童の
安全確保、(丙)商店街へは、看板、店先
などで、事故が発生しないように再確認を
行ってもらう』などを促す行為が、必要で
あると思われるので、検討をされたい。
(特に近年では、外国人による商店もあり、
その者達が困らないようにと、されたい)

(三)
 前回(平成26年02月08日)の大雪時には、
高松町三丁目の界隈が、他の近隣町内区と
異なり、路地の雪かき状況が、乏しい状態
であった。

 普通、宗教団体などの拠点が在る地域は、
その倫理性の高さから、自治性も向上する。

 ところが該当の地域は、何が理由なのか
不明だが、シネマ通り等を含めて、除雪の
状況が、他の界隈と比べて悪い。

 よって、高松町・三丁目の界隈における
除雪の効率性に付いて、どのように把握を
行っているのかを明確にされたい。

 なお、本件の除雪に付いて該当の自治会
などから事前に情報を得てないのであれば、
確認を行ってから、本節の返答をされたい。

(四)
 去年度において、大雪、暴風、暴風雨、
集中豪雨、それによる浸水などの被害は、
立川市役所の管内で生じてなかったのかを
明確にされたい。

 防災、減災は、その成果が民側にあって
初めて利益の成る公務成果であり、それの
成果が無く、公務上の作業だけを行ったと
言うだけで、仕事を行っている気に成って
いる状態ならば、不適切な業務状況にある。

 よって、公務の成果を確認する為にも、
その実数(民の利益:防災活動の成果)を
数字で明確にとされたい。

 なお、消防署、警察署などで自然災害に
関連した事故に伴う出動数を、市役所でも
把握をされたく、それを市民に周知を行い、
必要に応じ消防、警察(雪日の事故などに
おける、防止の説明を警察官)から市民に
説明を行ってもらうようにすれば、市役所
側での負担を減らしつつも、市民にとって
解り易い専門的な講義を展開してもらえる
ことが見込まれるので、検討をされたい。

・日常の生活上における注意を促す。
 ・専門官に説明を行ってもらう。

= 結語 =
 公務側で管理が行える範囲は、基本的に
市民の自衛力を養う為に必要とされる最低
限度の範囲で十分で有るのかと想われるが、
なぜか立川市役所の場合は、まるで市民に
負い目を負っているかの如く、奇妙な献身
意識で、働きかけている感じがする。

 そもそも、それらが憲法、法律、規律を
前提としている事を、明確に市民へ伝えて
ない状況を、以前から注意されても改めて
ない。

 今時代、地球の裏であってもInternetを
通じて、現地の天気が同時的感覚で即時に
解る時代であり、一般人達が撮影を行った
動画を、民間放送局よりも早く、Youtubu
などを経由して、全世界に公開されている
時代を迎えている。

 よって、情報化社会と言われる時代に、
時代に追付いてない高齢者が、陣頭指揮を
とっている自治体も増えてくる状況下で、
Information Technology との意味合いを
情報技能と解釈しつつ、その操作(情報の
操作を行い、一般人の動向を指向する工作)
だけに長けているような能力は、只の工作
員でしかなく、それらの工作活動が、政治、
宗教、社での方針や、個人の正義感である
のか不明だが、そのような自治体に関与
(協力、協調)をする国民も居ないのかと
想え、既に有るとされる情報を伝えないと
言う状況では、「奴隷の立場には、学問を
必要としておらず、労働意識と、その労働
能力だけが必要であって、それを阻害する
情報を与えない」とされる奴隷的(例えば、
『恐怖と欠乏』を保てば、それに苦悩する
民が、宗教や政治思想にと助けを求める:
つまり、国民として自立的な観点の活動を
阻害する事で、各宗教などが必要とされる
よう)な環境を維持するとの自治環境は、
憲法に照らせば異常であるのだから、民が
必要とされるであろう情報などは、気象に
限らず、適切に周知を行われたい。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、俺々詐欺の如く

天使 行っていても、効果が無ければ無駄。

悪魔 人は、無意味な事が好きですかねぇ。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =