記事一覧

No.520 立広聴・平成26年度・第651号

配信 平成26年06月09日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.520
作成 平成26年05月28日
課題 立広聴・平成26年度・第651号
送付 平成26年05月29日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 改めて返答があった内容にも、不明確な
部分が有るので、再々確認を行う。

= 不明確な部分 =
 返答の有った文面(立広聴・平成26年度・
第651号)の(一)、(ニ)に「報告を
受けてない」との記載が有る。

 つまり、「報告を受けてないだけであり、
実際には、生じていたいかもしれない」と
言う意味に値すると判断できる。

 よって、報告の有無など知るつもりなど
なく、実際に生じていたいのかを明確にと
されたい。

= 補足 =
 子供の教育権を有している者(普通なら
親、または、親族など)は、子供へと義務
教育を受けさせる法的な義務(学校教育法・
第十六~二十一条)がある。

 よって、本件の課題は、一般的な判断と
法的な根拠に基づく、国民としての確認で
あって、世論心情だけの思いで確認をして
いるのでわない。

 なお、就学義務に付いては、既に別件で
文部科学省、法務省(刑事局、入国管理)、
警察庁、外務省などに、合同で問題に取り
組むようにと、要請を行っており、特に、
『 在日外国人おける就学の問題、並びに
一般家庭での就学問題(不登校など)』と、
それにおける生活の延長に犯罪への着手を
懸念する観点から、今回の合同にて対策を
検討してもらう要請をする迄に至っている。

= 警告 =

 なお、当方からの請求は、事案の発生に
おける事実の明確性を求めたが、それらに
対して立川市役所は、再度に不明確な返答
などを行っており、その観点から想えば、
「侮辱を行う目的、又は、誤魔化す目的で
行われた返答、もしくは、業務上の過失に
よって生じた(悪意が無いが、公務上での
語学力が無い、又は、上司等からの不当な
命令が有った)のかと判断でき、それらは、
地方公務員法・第33条に違反すると想え、
文面の作成に関与した課長、部長に付いて
接遇の研修を改めて受けるように、検討を
されたい。

= 結語 =
 仮に立川市役所の公務上における事務の
体制が、世間一般的な観点から5年遅れて
いたとするなら、それを別の事に例えると
「大規模な災害が発生したが、救助の設備、
能力が世間一般的に5年も遅れているので、
約5年後に救助へ向かいます」っと言うに
等しい状態にある。

 一度で済むような返答を、悪意の有無に
関わらず、数回も行わせるような公務上の
体制に信頼を抱くことは、一般的に無い。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、立広聴・平成26年度・第651号

天使 侮辱的に相手にと負担を生じさせる公務

悪魔 それを行うのが私達の考えですから♪

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =