記事一覧

No.526 不正送金に関する PC Virus(ウイルス)の対策

配信 平成26年06月17日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.526
作成 平成26年06月05日
課題 不正送金に関する PC Virus(ウイルス)の対策
送付 平成26年06月05日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 不正送金に関する PC Virus(ウイルス)の関連で
海外の司法機関と合同で、対処活動を行うらしいが、
その案件における扱い方法が、不適切と想われるので
再検討をされたい。

= 要望 =
 今回のような事案の場合だと「基本的に第三者が
安易に装う事が可能と成る状況」を作ること可能で、
そうした状況を作ること自体が、警備上の観点から
失当である。

 警察庁側で、民間企業に駆除 Soft の依頼を行い、
その Soft を警察庁、警視庁などの HP 上か、第三
機関( Internet Hotline Center など)から、
Download(ダウンロード;公開)する方が、関連の
犯罪発生における防御率も高くなるのかと想われ、
そもそも民間の PC Security 企業が、防御対策を
公開してないとも思えず、今時代ならば、無料にて
防御の Soft が配布されている(が、その Soft が
本件の Virus に対応しているのかは、不明)。

 よって、適切な対処を検討されたく、他の手段も
多くあるかと想われるので、防衛庁、総務省などと
合同で協議を行った結果を基に、国家公務としての
活動をされたく、警察庁による単体の意思だけで、
対処活動を行わないように願う。

 なお、一般的に市販されている防御 Soft により、
いち早く防御されている可能性の方が高く、あえて
警視庁が、Provider(プロバイダー)を通して行う
公務の工数を増やす理由も無いのかと想われ、政府
広報などを使って、広く防御方法を宣伝した方が、
効率が良いとも想われ、逆に今回のような、効率が
低い手段を選定する事情が不審であるが、報道機関
などが、国民が警察機関へと疑念を抱かせる為にと
工作的に行われた報道であるのならば、そもそもに
警察庁の情報戦における防御率が劣っているだけの
ことなのかとも想え、残念である。

記載者>
経済活動、及び行政に対する鑑査活動を行っている者

本文の発送先>

・警察庁

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、不正送金に関する PC Virus(ウイルス)の対策

天使 CIAも警察も、当てにならないからなぁ。

悪魔 両方共に、私の支配下ですけど?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =