記事一覧

図地理検定の感想

他人には、勧められません。

 試験に関する問い合わせを行った時に、日本地図センターが
出版している、『 地図と測量のQ&A 』の購入を勧められて、
それを購入した。

 ところが、その出版物には、以下の欠点が有った。

一、常用漢字が使われてない部分が有る。

 漢字の問題だけで無く、中華人民共和国の漢字を用いて表現
されている語句も有り、辞書で調べても判らない語句が有る。

 また、振り仮名、読み仮名なども無い。

ニ、誤字が有る。

 普通ならば、出版物としては、欠点が多いのだから、それの
関係から、正誤表などが有っても良いのかと想われるが、無い。

 そもそも、出版から一年以上が経っている商品である。

三、最新の情報では、無い

 この書籍におけるQ&Aは、日本地図センターの公式HPにて
公開をされている内容よりも古く、試験の範囲も満たせてない
ことが、購入後に判った。

試験の内容

 参考書で学習を行っても、試験範囲を十分に学習を満たせて
ないので、当然に良い結果が出る理由も無い。

 むしろ、主催者側でも予め、ニ、三回の受験を想定している
可能性が高い。

結論

 地図、地理に興味が有ると言う程度の人達は、一般の分野で
あっても、受験を勧められない。

感想

 国土交通省 国土地理院への不信感が高まった試験と成った。