記事一覧

Hansen(ハンセン)病

珍しくNoteに足跡を残した。

 一般の国民が、病気に対する知識も無く、感染に対する
恐怖心から、他の物(他の者)を避ける心理は、自衛的な
観点からも、人に備わる本能かと想われます。

 今時代では、Hansen(ハンセン)病も、適切なる治療を
受ければ、後遺症なども残らないらしい。

 世界規模では、新たな感染率が高いが、日本国内だけの
事例だと、年間で零から一人程度に抑制されているらしい。

 我々、現代の日本国民が負っている責務を明確にしつつ、
他の国民にも、それを促す為の言葉を残した。

 ・・・つ・も・り♪

・ハンセン病Wikipedia
 ・補正
  ・Wikipedia Note

内容

 日本国の憲法・前文・第二段落の一節に「われらは、平和を維持し、専制と隷従、圧迫と'''偏狭'''を地上から永遠に除去しようと努めてゐる国際社会において、名誉ある地位を占めたいと思ふ。われらは、'''全世界の国民が、ひとしく恐怖と欠乏から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する'''」と記載され、最終段落には、「日本国民は、国家の名誉にかけ、全力をあげてこの崇高な理想と目的を達成することを'''誓ふ'''」との記載が有る。

 本頁に関与する人達が、どこの国民かは、知るつもりもないが、'''日本人として国籍を有している程度となる在日日本人達による、[[鍔迫り合い]]'''は、避けられたい。(参照:[[傷だらけの人生]])

 なお、私への返答は、無用。あっても、返答、対話は、行わない。

  • 平成26年07月24日