記事一覧

地方の開拓は、どのうな展開が求められるのか?

主原因

 「若者達による開拓能力の欠如が問題」なのかとも、
想われます。

問題点

 もともと日本国の義務教育には、土地の開拓における
能力と、自己防衛の為に必要とされる家庭医学の教育に
欠如が有ると判断できる。

戦後における若者達の地方開拓

 嘗て70歳以上の人達は、戦後から地方の開拓などに
力を入れていた世代も多かったようですが、近代の義務
教育を経た人達は、主に牧民化されてしまい、「誰かの
支持を受けなければ、作業を行えない性格を有する」と
言う人が多く、自ら労働の場を開拓できない国民が多い。

海外への支援

 それにおける問題では、海外支援にも影響しており、
国内の過疎化を阻止できず、開拓の能力の有る人達は、
海外支援へ向かったりするが、その海外支援へも人材が
不足している状況に有る。

現状

 そうした国内の国民動向における事情を踏まえて、全
国民が国土の開拓能力を有しない限り、過疎化を免れず、
何だかの経済性の欠如(自治性の低下)によって、災害
などの被害が大きく成ってしまう。

結論

 基本的には、「全国民に野営能力を得てもらう必要が
ある」のかと想われ、それにより大規模な災害が生じた
場合でも、野営の訓練から災害時の生存率を高める事が
可能だと想われる。

 また、土地開拓などの能力も必然的に身に付ける事と
なって、それにより「大自然との調和的な国民性が維持
することが可能である」のかと想われます。

 更に、人体の保護と言う観点から、家庭の医学も相応
知識と能力が必要とされる。

 よって、日本国の義務教育に、野営学、家庭の医学が
必要とされているのかと想うに至ります。

余談

 私の経済活動は、再開拓(既に設定をされている規律、
物などを使って、開拓を進める;逆に新たな物を作ると
言う観点に欠けるが、基本的に文化の底上げを目的にと
する事から、過剰な新規開拓心を抱かないよう心がけて
いる)が、主体です。