記事一覧

牽制(けんせい)

追記を行った原文

 日本国の歴史上における記録では、戦国時代の戦術に『兵糧攻め(攻城戦)』などが有り、その例として三木合戦が有る。

===兵隊による実際の行動===
 制圧射撃は、一般的に広く知られている。他にも、対空(防空)弾幕、敵の戦略行動で使われる進行路の破壊(進行の妨害)などが戦術として有る。

 それらの活動により、「敵の戦略行動を抑制しつつ、特定の状況、心境に陥らせるように誘導する(敵の行動における不自由度を増すことが可能となれば、おのずと敵の活動手段が制限されてしまい、意図的に特定の行動しか行えない程にまで陥らせる事が可能と成る。また、そうした状況に成った時に思う敵側の心理なども考慮される)」が成果と成る。

==過剰な牽制による不利==
 敵に対して過剰な牽制を行うと、逆に決死の覚悟で闘志を抱かせることが有り、それに基づく大反撃により、大きな損害を受けることが有る。
 諺(ことわざ)でも「窮鼠猫を噛む(きゅうそねこをかむ)」として例えられている。

==対抗の手段==
 牽制に対抗する手段も有り、それぞれの攻防戦が歴史的に展開したと記録されており、世界史的な戦い等での事例では、中華人民共和国の背水の陣が広く知られている。

===牽制に対抗する為の心理教育===
 兵士を教育する段階から決死の思いを抱かせ、敵の牽制(制圧など)に対して正面から打破する事を試みようとする程の志を育成する事もあった。戦時中の日本国における記録だと特別攻撃隊が存在しており、西洋だと古代史で有名な Spartan Education(スパルタ教育)が有る。

 そうした教育方法は、現在だと Terrorism(テロリズム)等で悪用されている。