記事一覧

Apocalyptic Sound(アポカリプティック・サウンド)の謎

Apocalyptic Sound(アポカリプティック・サウンド)とは、

 「世界の各地で、聞こえている」と言われている世界終末の音を意味している。

実態

 You tubu 等で公開をされておりますが、その音が鯨の鳴き声に似ている部分や、工場の音、船、大型の自動車などの警笛音、金管楽器の音、飛行機(Jet機)の飛行音にも似ている部分があり、「その音を大音量で放送した時に、山と大気(雲、霧、水蒸気など)との調和で、変に響いて聞こえる」のかと想われますが、人工的に行っている(予めに録音された、Digital音を大音量で再生している;映画でも使われているような効果音)可能性も疑えます。

 そもそも発生している地域が、近代的な地域でわなく、自然的に恵まれ、信仰が強いとされる市域や、文明的な発展が少々に遅れている地域が多く、そうした地域で人々が誤解をするであろう事を想定して試みられた工作ならば、卑劣な行為だと判断できる。

 なお、こうした行為に付いては、どこの宗教団体でも「弟子が勝手にやった、異教徒がが行った、一般人が悪戯的に行った」などの事が多く、類似の事例として Mystery Circle(ミステリー・サークル:Wikipedia)事件も有り、近年だと電子技術の向上から、映像、音声の加工によって演出される情報(不実:捏造)も多くあるのが現状。

宗教的な意味合い

 私的には、「黙示録のらっぱ吹き(参照 Wikipedia)に由来する」と判断しており、その仕掛け人としては、やはりChrist(キリスト)教、Judea(ユダヤ)などの宗教的な工作(演出)が疑われるが、「そう疑念を抱くであろうこと」を想定した、別信仰や信仰の無い者による演出である可能性も疑える。

 結果的には、「黙示録を世界中の人に読ませる為の演出であろう」と想われ、只単に「第三次世界戦争が生じる可能性(政治の動向)、世界各地で大きめの自然災害が生じる可能性(太陽活動の活発性から科学的にも生じる事が予めに解かっている)」に伴い、「人々を更なる不安にさせて、信仰へと誘導しつつも、Mind(マインド)をControl(コントロール)して、同胞的な奴隷化(僕民化)を試みようとした。または、悪戯的な行為である」のかとも思え、その他に「(甲)人口の調整と、(乙)信仰、政治思想の調整(民による従順性の保持)」を前提とする戦争を模索している、Elite(エリート、政治権力者とその関係者:人類規模での発展に付いて主権の有る者達)による何だかの思想が有るのかとも疑えるが、そこまで巧妙な工作を国家の権限で行うとも思えない(大型の戦争中や、その戦略でわ無いと想われる)ので、『信仰の有る者が、俗世間の動向に対して警鐘的で悪戯的な感覚での演出であったこと』が一番に疑える。

 ちなみに、『黙示録のらっぱ吹き』であるが、戦争における攻撃の前、自然的な災いが生じる前に成らされる楽器(警笛)音を例えたのかと想われる。

 日本国の歴史で言えば、半鐘(はんしょう)、ほら貝(ちなみに『ふら吹き者』とは、「嘘を言う人」を意味する事もあるが、実質的な言葉の意味かすると、「争い事を生じさせる言動を発する人」を意味しているのかと想われる)等が有るのかと想われる。

補足

 世界的にも、よく知られている FPS GAME の演出にも使われているのかと想われる。

Battle Field Bad Company 2 Campaign 1

 GAME 内の展開で、「不気味な震動音と、音が鳴り響き、演出する者達が、何の音かと困惑する」との場面が随所に見られ、その効果音と、今回の課題における音が似ている。