記事一覧

調査 集団的な嫌がらせ等

趣旨

 集団性が感じられる嫌がらせ(Harassment)の現象に付いて、色々と独自の調査を行った。

集団ストーカ

 Internet上では、『 集団ストーカ 』と記されていますが、語句の意味合いから不適切であり、『集団性のを感じられる嫌がらせ』と解するのが適切だと判断をしています。

 また、我国で言う所の『 ストーカー(Stalker)行為等の規制等に関する法律』が有りますが、恋愛心を有する事が前提と成っている。

 集団的な嫌がらせを感じている者は、精神的な被害を受けるとされ、被害者にとってかなりの苦痛と成るようです。

>参照
・Stalker(ストーカー) - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E8%A1%8C%E7%82%BA%E7%AD%89%E3%81%AE%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

 ・ストーカー行為等の規制等に関する法律 - Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%88%E3%83%BC%E3%82%AB%E3%83%BC%E8%A1%8C%E7%82%BA%E7%AD%89%E3%81%AE%E8%A6%8F%E5%88%B6%E7%AD%89%E3%81%AB%E9%96%A2%E3%81%99%E3%82%8B%E6%B3%95%E5%BE%8B

事情

 そうした被害を避ける必要も有りますが、防御が難しいとの事も
指摘をされています。

 また実際には、生じて無くても、そう相手に想わせてしまうことで、精神的な負担を与える事が可能と成り、それらが『悪意の有る人間関係の工作』に該当するのかと想われ、不当、不法性などが
問われつつも、摘発、告発に付いては、難しいようです。

 尚、人間関係が孤立して自己における精神の理性を保てない状態に陥ると、何だかの人間関係上における不具合(不信など)が生じる事が有る。

 その精神的に弱った時が、洗脳や服従をさせる最も効率の好い機会と成っており、基本的な人間関係における絆の深まる要因とされてます。

 ちなみに日本の国民には、憲法や法律があるのだから、何だかの宗教、主義にと過剰に頼る必要も無いのですが、それらを阻害しつつ、逆手にとって「人を経済的な観点から救済する」と称して、同胞集めをするのが、近年における宗教団体、政治団体などの特徴に成っています。

誤解

 既に精神的な病(統合失調症など)に陥っている場合は、何でもが『 集団性の有る嫌がらせ 』と判断してしまう傾向に有り、悪化すると鬱病に成って、自殺、自傷など、日常生活において不健全で、且つ不本意な行動を行ってしまう状態に陥るようです。

 逆に、統合失調症へと陥らせれば、相手に何だかの被害を与えると言うことが可能に成るのかと想われる。

>参照
・統合失調症 - Wikipedia
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%B5%B1%E5%90%88%E5%A4%B1%E8%AA%BF%E7%97%87

現象

 孤立した個人や家庭などは、周囲の人から排他など受けていると想い込んでしまう傾向に有る。

 また人は、簡単な方法で統合失調症に陥ることが解っている。

  • 恋愛
  • 職場
  • 近所
  • 政治、思想
  • 他の人間関係的な工作