記事一覧

調査 尾行、観察、監視など

趣旨

 普通は、尾行、監視、観察を行っている事は、気付かれないように追尾を行うが、追尾の下手な者は、察知される事も有る。

 また、標的(相手)に対して、追尾されている事を露にする事も有って、それにおいては、悪意が有る場合と、正当な理由が有る場合とが有る。

 よって追尾に付いては大枠で、下記の三種類が有る。

  • 悪意の有る追尾
  • 正当性の有る追尾
  • 下手な尾行

悪意の有る追尾

 心理的な攻撃の為に行われる場合が主であり、悪意の有る者が「(一)他人に対して世間的な不信感を抱かせたり、(ニ)不安感などを抱かせること」が目的とされる事が多い。

 それらは、「脅迫的な行為であって、刑事的な事件にも該当する」とも判断できる。

正当な理由での追尾

 標的者に対して、悪行を行わせない目的から観察、監視、尾行を行う事が有り、「常に監視、観察が行われている事を意識させる目的が有る」が、そうした相手に対する精神的な苦痛に対して、公的な意味合からの正当性が認められる場合に限る。

 日本国では、「(一)指定暴力団など組織的な潜在的な犯罪集団や、(ニ)外国から日本経済に被害を生じさせる目的での工作、(三)共産、協会などの名称を用いて、何だかの同胞集団を形成した後に、「刑事の事件に該当する共闘な行為を、正当化するような集団」など、世間一般的な公共の治安性からも、驚異的な集団や個人などを観察、監視、追尾する事が行政機関的に生じているが、近年だと市民団体による自警的な観察、監視、追尾なども行われている。

悪意の有る者達による被害者的な主張に騙されるな!

 公的な機関や、市民の自警的な団体から、観察、監視、追尾を受けている場合、その対象者が「自分は、被害者である!」っと主張をする事が有るのかと想われる。

 近年では、Internet等を通して、安易に不特定多数の人に、自己の主張を伝える事が行える時代を迎えており、それの影響から、「もともと加害者だった組織や個人が、後に公的機関、市民団体や個人から、観察、監視、追尾を受けて、それにより精神的な被害を受けている状態」から、自らが被害者である主張と主張を行って、擁護者を求める事が有るように感じられ、それらに国内で犯罪に関与した国民に限らず、在日外国人なども含まれていると判断している。

 よって、もともと違憲、不当な行為等に着手を行っておきながら、その後に公的な機関や一般の国民などから観察、監視、追尾を受けても、それに正当な理由が有ると想えるが、それが生じる理由を明確にせず、「被害者である」とだけ主張を行うことで、一般の人々が騙されてしまう事も有るのかと想われる。

 なお最悪な状態として悪意の有る被害者は、自分達の苦しみを他に人にも知らしめようと言う目的で、郵便局員、警察官、自動車の認識番号(通称、Number)を用いて、「あなたは、常に公的機関などの人員や何者かから観察、監視、追尾されている」と流布しつつ、他人の精神を害する事を試みていると判断しており、それらの情報が自然的に氾濫しているのが現状であるのかとも判断している。