記事一覧

多摩地域における移民と宗教の問題

立川市内を観察しての結論

 嘗て(第二次世界大戦後)、Freemason(フリーメイソン)は、中華人民共和国、台湾人、朝鮮民主主義人民共和国、大韓民国など、外見が日本人に似ている者達を、「入植を擁護する代わりに、各種の宗教にり込む事を促進する工作を行った」との可能性が有る。

 つまり在日外国人の入植を宗教を建前に支援しつつ、各種の宗教信仰を活性させ、日本で生活することを保障した工作を行った可能性を疑える。

 しかも外見的に「(甲)Christ教が貴族的で、(乙)仏教が庶民的、(丙)宗教団体を取り仕切る構成員などは、神仏、精霊から信託された者として貴賓的で神秘的な立場」を維持する体制を整備したと判断している。

 挙句の果てに、「共産主義、無心論者に対しては、非難を行いつつも、競合的な相手として扱われつつ、Christ教で言うProtestant(プロテスタント)のような立場で育てた」とも想われ、その方法は、القاعدة‎(アルカイダ)を作り、育てた方法(軍事を除く)と同じ感覚なのかとも判断しており、その他にも朝鮮民主主義人民共和国などのように外圧(日本国の憲法・前文の趣趣旨に反する)を与えて、特定の政治方向に誘導する国際的な立場を取り、「競合する相手が居るからこそ、文化が促進する」との競技的な観点で、故意に宿敵を作り育てた可能性も疑える。

参照
القاعدة Wikipedia
https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%A2%E3%83%AB%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%82%A4%E3%83%80

亜種

 現在では、Freemason の儀式や形式を真似した Mind Control 型の宗教団体が増えており、それによって生じる刑事も昔から多い。

 よって、Christ教、仏教などを通して、不正行為を Mosaic(モザイク)化、Money laundering(マネー・ロンダリング:賭博場、競輪、ぱちんこ店を含めて使われているのかと想われる)化を行っている疑いも有り、更に不正送金などにも使われている可能性も有る事から、各政治団体や宗教団体などを鑑査をする必要が有る。