記事一覧

人間関係における攻撃と防御

 特定の人が、自己、同胞に対して不利益をもたらすと解った場合、その者を駆逐したいとの心境に陥るのが一般的である。

 また駆逐される側は、防御の必要性も生じるが、一般的に防御術に欠けており、何だかの被害を受ける事が多い。

攻撃と防御

 そもそも不利益を生じさせている者が、『(一)故意なのか、(ニ)過失なのか』が問われる。

 次いで「仮に故意なのであれば、悪意も問われつつ、相応の防御的な行動をするのには、正当性が認められる事も有る」のかと想われる。

 つまり、「悪意の有る者から攻撃を受けたと感じる場合は、それに対する正当防衛が認められる」のかと判断する。

基本的な防御

 憲法や法律を把握しつつ、それに準じた生活をすることで、他人と過剰な信頼関係を必要されなく成る。

 また仮に相手が、違憲、違法な行為を試みたとしても、相応の防御を行えるような体制を整える事も重要である。