記事一覧

連鎖的な嫌がらせ と 集団的な嫌がらせ の違い

 『集団性のある嫌がらせ』の他に、『連鎖的な嫌がらせ』が有ることも解っている。

集団性の場合

 集団を構成する人員によって生じ、近隣の人間関係や宗教、思想、犯罪組織、外国からの工作などが有る。

連鎖的な嫌がらせ

 集団の構成員と異なり、不特定の人員が関与する。近年だと、Internet等を介して、展開する事も有る。

結論

 つまり、『(一)予めに形成されている同胞的な組織的の決定によって行われる形式と、(ニ)初めに嫌がらせを行った行為者を模倣して、個人的に加担する形式』が有り、「(一)が組織的な行為、(ニ)が個人などによる模倣な行為」と成る。