記事一覧

第35回 全市全郡 Contest

ファイル 3309-1.jpg

 平成26(2014)年度に行われた全市全郡 Contest で申請を行っていた Award(アワード)の賞状が届いた。

 今回は、周波数の特定を行っておらず、当時の記録では、3.5、14、50、145、430 MHz の(五種類の)周波数帯に参加を行ったが、今回の申請で『特記に周波数の特定が無い賞状』は、入手した事に成る。

 よって今後においては、特記に周波数を指定(特定)する形式での参加を試す(つまり、特定の周波数で100局を目指す:一般のAward で周波数帯によって100局の部門が有るので、それに合わせて参加、申請をするが、既に習得している分野を除く)予定です。

 なお記録を伸ばす事は、その分だけ事務業的(受、交信証の発行)に負担と成るが、「もともと、その受、交信証に 無線を防災、減災に活かす事を呼びかける言葉を添えて発行する事と、自分の無線業務における(非常通信)訓練を兼ねている」ので、過剰にと競技的な記録に拘らず、適度な範疇での参加を検討しており、その目安として『 Award の申請が行える程度 』と定めている。

部門

  • 電信電話部門 Single Operator SWL

各賞

  • AJD
  • 受信局数賞 (100局)
  • Multi (50局)

特記

  • 東京都
  • SSB