記事一覧

No.557 保護変更申請書(一時扶助)に付いて

配信 平成27年06月13日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.557
作成 平成27年06月11日
課題 保護変更申請書(一時扶助)に付いて
送付 平成27年06月12日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 保護変更申請書(一時扶助)の用紙は、
意外に利用頻度が高いので、『生活保護の
しおり』に、綴じ込みの用紙とすることを
検討されたい。

= 理由 =
 現状の立川市福祉事務所では、保護変更
申請書(一時扶助)が必要とされる時は、
『(一)窓口に出向くか、(ニ)郵送して
もらう』ことに成る。

 又、その用紙を使用する頻度は、意外に
高いのかとも想われ、被生活保護者の借家
契約の関係や、子供の教育費、衣類など、
最低限度の生活を支給額だけで賄えないと
言う場合、保護変更申請書(一時扶助)を
行って、福祉事務所の審査を受けてから、
その申請が認められれば、別途で必要だと
される費用の扶助が行われるなどの事から、
意外に多く使われる規定用紙と成っている。

 そこで、もともと立川市福祉事務所では、
被生活保護者に対して生活保護のしおりと
言う冊子が配られている(各自治体により
異なる)ので、その中に規定の用紙を綴じ
込んでおけば、「(一)被保険者が窓口へ
取りに出向いたり、(ニ)福祉事務所から
郵送料をかけて送付する頻度なども軽減を
される(公務上の事務、及び費用が軽減を
されつつ、被保険者側でも負担が減る)」
のかと想われるので、それを検討されたい。

= 結語 =
 今回は、業務における『工数と品質』の
関係が問題視される。

 工数とは、一つの目的を達成するために
必要とされる作業数を意味しており、品質
とは、その成果物の品質を意味する。

 特に人的作業の場合には、作業の工数が
多ければ、それだけ人為的な過誤や失敗の
発生率が高く成ってしまう。

 逆に、作業の工数を減らす事で、業務の
品質が低下する事も有る。

 それらの関係に付いては、一般的に品質
管理と、業務上の危機管理を理解しつつ、
業務の品質を高度に保ちながらも、工数を
減らすことで、業務の簡略化が可能と成る。

 よって今回の要望は、「(一)公務側の
利益としては、(あ)郵送などの事務的な
手続きが簡略化されて、(い)送料などの
経費負担も減り、(ニ)被生活保護者側は、
(ア)窓口へと取りに行く事が減り、(イ)
福祉事務所から書類が郵送されるのを待つ
時間も無くなる」のだから、被保険者側と
公務側の双方が利益を得る業務(公務)の
改善にと成るの事が解る。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、保護変更申請書(一時扶助)に付いて

天使 公務の効率化は、重要視される!

悪魔 故意に公務の負荷をかけてみる。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =