記事一覧

No.560 被生活保護者による外泊に付いて

配信 平成27年07月04日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.560
作成 平成27年06月25日
課題 被生活保護者による外泊に付いて
送付 平成27年06月25日

= 本文面に付きまして =
 本文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一種であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、私の経済的な観点での
内容と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 被生活保護者による外泊に付いては、
色々な事情(行楽的な外泊の把握、失踪
などの事件を早期警戒する目的)から、
事前に各福祉事務所の担当員に、『(一)
日時、期間、(ニ)目的』などを伝える
事を検討されたい。

= 補足 =
 近年では、任意と成るが『生活保護の
しおり』が、各福祉事務所により自由な
内容で発行をされているのかと想われ、
それの中にも注意事項として記載をする
ように求める。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

  • ---以下は、国家機関向けの内容

= 結語 =
 被生活保護者の失踪による保護打切り
数が以外に多く、その中に在日外国人も
含まれつつ、勝手に帰国したり、行方が
不明に成っている事も有る。

 また、被生活保護者が国民であっても
転居に自由を認めない事が多く、それに
よって勝手に転居をしたり、失踪しつつ、
住所不定者(Homeless:ホームレス)と
成る事も有るのかとも想われ、結果的に
行政機関が、住所不定者を生産している
ことにも繋がる。

 よって、まず被生活保護者が失踪する
ことを行政の機関として避ける為にも、
外泊時における確認が必要とされる。

 尚、被生活保護者による行楽的な外泊
なども抑制される必要がるので、それの
予防も兼ねる。

本文の発送先>

・国
 ・厚生労働省
 ・警察庁
・立川市役所

 以下の機関に付いては、天皇陛下への
報告書として、送付を行う。

・宮内庁

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、被生活保護者による外泊に付いて

天使 自由と勝手は、異なる。

悪魔 米国だと、自由も勝っても同じだよ?

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =