記事一覧

日本国での経済学は、奴隷(僕民)化の為の洗脳に用いられている?

経済学と Economy は、等しくない

 Economy は、省く( Restructuring )などの観点で問われ、「 限り有る資源の分配だ 」と刷り込まれるのが、西洋( Judea )方式だと判断する。

 経世済民では、『 富の共有により、平等性を保つこと 』が重視されていると判断する。

その違い

 「 限り有る資源 」は、それを得ようと争いが生じる事を前提に考慮され、結果的に共和主義に至る。

 『 富の共有 』では、限り有る資源と限らず、「 人が豊かに暮して行くのに必要、または、求められる全てが富に該当をするのであり、この地球上において循環性の観点から想えば、無限であり、有限的であっても宇宙規模で考えるなら、現代の人類における観点では、無限に等しい程の広大な富の共有を意味する 」と判断できつつ、それが共産主義に至るが、占領や支配と異なり、自然的に資源を共有する観点で、中華人民共和国などで言う共産主義と異なる。

Judeaの発想

 これまで色々とJudea(亜種 Christ )教系を観察したが、結果的に商品(販売物や、自己の保有物)の価値を高める事に拘っている。

 もともと Freemason(フリーメイソン)系でも、錬金術の思想を想えば、結果的に利己的な観点で展開しているに過ぎず、資本主義の根源に成っている。

 本来、経済学を学ぶ時に、「もともと物々交換から始まった人間の取引において、その利便性から『共通的で安定した価値の物を通貨として取引した事から始まった』と、貨幣流通論で習う」のが普通である。

 つまり、「貨幣は、物々交換の利便性から生じたが、貨幣を入手する事に拘った輩達の思想が問題視され、Mafia(マフィア)や日本国だと指定暴力団を含む犯罪組織、及び個人での強盗、窃盗なども、『自己に生産力が無いが、お金や、欲する物を有していれば、裕福に成れる(資本主義)』との観点(思想)で生活している事から、他人の御金や物を盗む、奪うとの心理に至る事が有る。

 ちなみに日本国の場合だと、憲法で国民の生活が保障されているので、ある程度の保障が国民の権利として受けられつつ、窃盗などの犯罪へ着手する事が抑制されているが、それでも住所不定者による公園の占拠などは、止まない。

共産主義が破綻する理由

 「 人は、平等じゃない 」との観点に対して、人(人類)の想い(理想的な平和)として、平等性を唱えている事に、不自然さが生じており、そもそも学力や能力など、平均より低いと、人として扱われない傾向に有る。

 それは、共産主義に限らず、西洋の思想など、あらゆる宗教観でも平等性が説かれつつ、それを平和と解いている。

 逆に、『 富の分配、及び共有 』と言う概念で政治を展開する場合には、比較的に成り立つ可能性も有るが、日本国のように公務員が共産活動を行いつつ、一般の国民が自由に文化を発展させる構成の方が、文化的にも最適な状態に有るのかと想われる。

 つまり日本国は、意外にも資本主義国よりも資本を上手に扱い、更に共産主義よりも公務員制度によって共産的で、それらの結果から日本国は、世界規模でも文化的に水準が高い文化を保持している状態にあり、経済的優位性を保っている(日本国 憲法 前文 第三段落の主旨を守っている)。

なぜ学校で教わる経済学が、奴隷(僕民)化に関係するのか?

 あらゆる動物は、心情(心持、気分、英語では、Motivation )に基づく動機により行動する傾向が有る。

 それが善意であれ、悪意であれ、そして反射的行動(本能や訓練によって得た能力を含む)も、教育(訓練)によって定義化(公式化:〇なら、△する。または、□をする。もしくは、何もしない等の論理式)される。

 日本国で言う、『(一)教育を受ける(子女の)権利と、(ニ)親が子供に対して教育を受けさせる義務』が有るが、親の立場で言う所の『義務的教育』と称される事から、それを誤解して子供にまで義務が課せられていると誤認されてしまう事が有るのも、一般的な事情である。

 それと同じ原理の応用で、「 経済学は、Economyと等しい 」と定義して、更に資本論を加える事で利益を得ようとする行為こ「そが経済学で、それに基づく活動をすれば、幸せに成れ、資産が増えれば自由が増して、幸福も増えて行く」っと、定義(教育)する事で、奴隷(僕民)化が行えるのだ。

 刷り込むと言う観点の他に、『 媚びる 』と言う戦略や、『 手なずける 』と言う概念もある。例えば、X'mas に Cake(ケーキ) が売られたり(甘い物や贈り物などで、幸福感を煽り、Christが産まれた日だから幸福に成れると刷り込んだり、Halloween(ハロウイン) で、子供達が近所の家に御菓子を貰いに行くが、その時に「 Trick or Treat ? 」と言って形式的に大人と駆け引きを行い、大人としては、子供をもてなす事や、子供との接し方をなど学ぶ(また、近所の子供達を把握する機会と成る、防犯にも繋がる)事で、その地域の人間関係上にける公安を保っている仕掛けに成っている。

 ちなみに日本国などの文化では、『 縁日 』と呼ばれる日が設定されており、そこで出会う人との交流を意味する日でもあって、西洋の文化だと無宗教的だが Party(社交会、宴)が該当しているが、近年の日本国内で展開してる宗教を自称する集団の多くが、信者を奴隷化する為の Mind Control 型の展開によって成り立っており、人との出会いや関係、倫理性を保つと言うよりも、信者から鵜飼の鵜と等しく利益を回収しているのも事実である。

 これまでに、「怪しい教育」の共通点に、西洋思想だと必ずと言って良いほど日本国 憲法 第十二条の定義に基づく自由を明確にしない(奴隷化する為には、不都合な知識)として、明確に示さず、Liberty、Freedom のように、「 拘り(定義)の無い、または、不自由だと感じるなら自由を得る為に戦え! 」っと、誘導しているが、それらの教育(指導、洗脳や Mind Controlなど)は、日本国の憲法に比較すれば、『 勝手(違憲) 』に該当すると判断できる。

 よって、現状の日本人に馬鹿が多く、それによって経済性が低迷しているが、それを改善する能力も民に無く、その弱みに宗教が入り込みつつ、その集団が同胞者を集めながら、同胞の利己の為にと争っており、そうした状況に従わなければ成らない現状を奴隷(僕民)化と判断している。

結語

 僕は、共産主義と異なるが、Judea(亜種 Christ)教を信仰する事も無く、それらへの友愛感も無い。

 ある意味で、新しい時代を迎えているが、それを受け入れ難いとされる現代の事情によって、引き篭もりや社会公益への不参加が生じているが、それらの状態も人類規模で想えば、労働争議の手段として言われる Sabotage(サボタージュ:俗称で、サボる;本来の意味は、生産業の設備や輸送機械の転覆、障害、混乱や破壊を通して雇い主、または、敵、圧制者、管理者、主権者などの支配者の威力を弱めたり、妨害する目的とする意図的な行動)が、当人の自覚なく自然的に生じている状況なのかとも想える。

 逆に定義の方式を想えば、特定の宗教に入信していれば、そうした心理を抱く事を避けられるが、逆に信仰が無い者は、救われず、心身共に過剰な世間的制裁を受けている(っと思い込ませる)状況を作る事で、精神を自然的に破壊する事も可能に成ると判断する。(それにおける事例としては、脅迫的な就労心によって生じる無差別殺人などが有る)