記事一覧

無精子症でも、子供を産んでもらえる!?

既に、海外でも成功例が有ったようです。

 これまで、精巣で精子が作れなかった『非閉塞(へいそく)性無精子症』において、精子が成熟する前段階の『前期精子細胞(円形精子細胞)』を精巣から採取して体外での受精を行いつつ、懐妊させる医療にと成功している病院が在るらしい。

参照 西日本新聞 無精子症でも赤ちゃん

非閉塞(へいそく)性無精子症

 多くの場合(世界的規模でも)、夫側が精子の製造を行えないので、主に第三者から精子の提供を受けて、子供を創るに至っていたらしい。

 近年(ここ20年ぐらい前から世界的規模で)は、女性同士の婚姻(及び家庭)関係においても、第三者から精子の提供を受けて(精子の銀行などを利用して:場合によって優秀な遺伝子を選べる、買える)懐妊しつつ出産して、子供を育てる観点が広まっている。

 逆に、孤児(みなしご:こじ)等の里親が減る傾向に有るのかと懸念されるが、もともと『(あ)里親による虐待や(い)孤児の不良化などの問題』が生じており(嘗て Christ教系などの孤児院施設までも問題が生じており、世界的規模で一時に話題と成った程で)、それらの観点からも児童福祉における見直し(適正化)が行われ、現在だと未だ十分と言えないが、徐々に孤児が自身で自立的な生活を施設内で行えるようにと進化している。

 そもそも両親が居ても健全な子供が育つとも限らず、子供を育てられない親も居るが、今も昔も変わらない現状(事情)である。

今回の事例

 一つの病院で112人の事例が有り、その内14組が他の病院で、第三者から精子の提供を受けるように勧められたらしい。

結語

 やはり、身体的な観点で癒合的に愛し合う二人の論理的な想いは、長年を経て結ばれる(遺伝子の交配が行われる)事で、実るのかと想われる。

 ちなみに、僕の異性に対する融合的な意識(愛情)は、比較的に広範囲的だった事が解っており、それを反省して近年だと極端と言える程に自粛している状態にある。

補足 愛の解釈

 ちなみに僕の独学における『愛』とは、「約束された未来である」と解釈している。

 例えば、近年の恋愛にも色々と有るが、融合的な恋愛(御互いに一つに成りたい想い)や、「一緒に居るだけで好く、子供を要らない」と言う観点など、同性愛を含めて色々である。

!!!

※留意点

 実は、文化的に知性が高まりつつ平和的な展開の時期に、同性愛者が増える傾向に有る事が解っており、その事情を近年だと、西洋思想の影響を受けた Simulation GAME (シュミレーション ゲーム:例 SIMS、Tropico)等を通して、若い人達にも理解されている傾向に有る。

 また日本国の歴史でも、相対的な観点で比較的に文化の常態が平和的時代では、同性愛的交流が増えていたように感じられつつ、西洋でも同じ時代が有る事から、「同性の恋愛は、宗教的な観点での現象でわなく、人の本来における本能的な観点で展開した恋愛的感情(同性愛の場合、相手の存在を好んでいたり尊敬してたり、そうした相互の関係を護る事により成り立つ論理感や、過剰な同性へ優位感に基づく性欲の処理の相手としての恋愛では、「同性だけど、相手が優れているので、その優秀な遺伝子を本能的に欲してしまう」が、その心理に対する論理的な自覚が無く、本能的に性行為や、相手を喜ばせたり、それによって自己も嬉しかったり等の共感的な嬉しさを共にする事での満足感などで、人間関係が成り立ちつつ、その延長で家庭的な想いが生じ、同性の結婚に至ると判断できる事から、「人を選ぶだけなら間違っていないが、自己の身体的構造に伴う、人類の繁殖を想えば、その点に限り今の時代だと未だ『不作の愛』なのかと想える)による人間関係が展開するのかと想われる。

 よって、同性愛が増えている状況は、文化的に発展している状態を意味しつつも、ある意味で『知性人による愚かさ(繁殖が可能と成らない)』が論理的に危惧される(人類の減少:基本的には、各宗教上における同胞の減少により、異教徒が優勢に成る事が懸念される)が、大自然の構造を想えば(他生物を想えば)、やはり『(ア)両性具者の誕生や、(イ)必要な時だけ男性が誕生したり、(ウ)女性が必男性化したり、(エ)女性が単体で子供を産めるように成ったりする』との可能性は、進化の過程で生じる事も有りうるのかと想われるが、それを宗教が認めなかったり、認めたりと(比較的に途上国の多神教では、人として一般人度同等的な知性が有る場合、神仏、精霊の子として告知を行い、周囲から過剰に排他されないよう図る事例が多く、それによって逆に見せ物化や、過剰に崇められる事も有る。事例として『(甲)尻尾や手足が多い等や、(乙)自然的な男子の乳房、(丙)女性における男性器みたいな大きさの陰核など』において、神仏、精霊との一体化を、その文化における信仰者が告げる事で、過剰な排他が防がれる等)と色々であるが、『劣勢による存在の価値』も問われつつ、人間観における過剰な知性を主とする格差と排他行為が生じて、それこそ Nazis(ナチス)や過剰な民族、血族の優位性による争いが生じる可能性が有るので、基本的に同性愛が抑制されているのかと想われる。

!!!

 また、物や自然、他生物への愛情も有り、それが必ずしも性(遺伝子交配の後に誕生する)的な観点に留まらず、愛着感、敬意、好み等の観点も有る。

 欲望的な観点であれ、対象物の存在や、美意識に伴う敬意、人として見習うべく目標としての理想など、『 存在に関連する観点 』で成り立っており、その負荷として『 無 』の観点も有る。

 ちなみに「鶏が先か、卵が先か」との観点が有って、僕の観点だと「鶏が先で、交配後における卵の遺伝子を基に、雛が成長する過程で進化(環境への適応)する能力が問われつつも、既に孵化した状態に有るのだから、卵が先だと言えない」と解釈している。つまり「人は、1と10だけを見せられ困惑したり、誤魔化されたりする事がある」が、それらを学習や訓練により知識的な自衛力を養い、近年だと『1から10の過程に興味を抱かせつつ、それを解明する事で近代の文明が開花するに至っている』と判断でき、更に愛においては、『 維持や管理(理想の1から10を、維持、擁護、自衛など管理する:監督も含まれる) 』と言う概念も有り、良好な環境を維持、管理、保守する観点も求められている。

 また別の観点で、「有だからこそ無を欲する」と言う反射的な論理によって成り立つ事も有るが、「そうした負の発想が、掛け算の如く、正と成る事が有る」との部分に留意する必要があって、僕の独学的犯罪学(犯罪は、どのようにして生じるのか:近年では、行動経済学にも関連する)の観点から、人(己、個人、自分)、及び人間(個人間、複数の人間関係)や、更に動物、植物、及び大自然との生存における関係が問われつつ、捕食されたりする関係から、この世が成り立っていると判断している。

 ところで僕が、「愛は、約束された未来である」と解している部分において、先の『負による掛け算的な利益の展開』も含まれ、正しいとか、悪いとかの観点でなく、将来に生じる未来の現実を意味しており、それが必ずしも幸福と限らないのが愛だけど、愛を美化している宗教も多い。

 ちなみに、『賭博の原理』からも解るとおり、日々に幸福が続くと、平和の価値が極普通と成りつつ、その観点を基本に、他文化を過剰に非難、卑下したりするのも人情であり、多くの宗教で『感謝の気持ち』を提唱しているのには、「日々の幸福感における基準を見出すため」だと判断でき、仮に神仏、精霊でさえも、感謝や敬意、祭ってもらえるなら、悪党を支援する事も有るのかと想えつつ、人間界だと暴君の誕生など、色々な攻防も見えてくるのかと想われる。

 でも時には、「人として神仏、精霊を喜ばせたり、むしろ神仏、精霊から敬意を表されるような人に成る(神仏、精霊を喜ばせていると思い込んで行われている行事なども、不浄に穢れたような者達によって展開するなら、それに対して神が喜ぶ理由も無く、むしろ失敬に値する)」との事も考えた方が良いのかと想われ、「人で在りながら、神仏、精霊に成りすましたり、『人は、神の子』と刷り込む洗脳も好ましいと想えない」が、仮に神仏、精霊が人に神の子と教えるなら、「人に神仏、精霊が宿る事が有っても人は、人である」との事を返事(返答、反論)を適切に行わないと馬鹿にされるだけであり、その戒めとして Protestant(プロテスタント)のような観点(負の掛け算)も生じるのかと判断するが、不思議と仏教や神道だと、「善悪と言う観点より、人の個々における共存性が問われつつ、比較的に信仰が有る人の方が『無』に拘る文化で、『むしろ『無』が何であるかを知る事で『有』を知る(前出の負の掛け算の論理:『無を無で掛ければ、有に成る事が有る』・・・のか?)』との思想が強く、それが日本国古来からの文化感だと想われ、それらを聖徳太子などによる『輪の精神(僕民、奴隷化の精神)』によって成り立たせた歴史も有るが、逆に第二次世界大戦後での Christ(Judea亜種)教による日本国での戦略(Mission)的な布教では、日本国内において聖徳太子の存在を改めて知らしめつつ、『(一)聖徳太子の存在を認めるなら、Christ(キリスト)の存在も認めるだろう、(ニ)又その時には、仏教(聖徳太子)よりも Christ 教の方が美しく、素晴らしいと評価されれば、多くの人が、Christ教を選ぶだろう。(三)それに失敗したなら、Christ も聖徳太子も似た存在と主張しつつ、(四)最悪でも、Christと聖徳太子が同等な存在として他教を丸め込み、内側から(ニ)を用いて洗脳して行こう』との僕民、奴隷化の戦略を目的に紙幣を使った可能性も疑える・・・けど、そこまで高度な観点で活動が行える程の能力が当時の Freemason(フリーメイソン) に有ったとも想えない。

 さて愛ですが、自殺を行う観点や自爆的行動、過失的な行動で他人に被害を与える等であっても、それが愛なのか(約束された未来なのか)問われますが、結果的に現実と成っている訳ですから普遍な愛(過去)かと想われます。

 Christ 教や多くの宗教は、愛を美化しており、他にも暴力の正当化など、結果的に洗脳や、Mind Control で同胞を獲得していますが、結果的に「日常が不幸ならば、少々の幸福感でも感謝される」と言う『賭博の原理に基づいた展開』が、近年だと広く世界的に展開されているようです。

 更に近年だと奴隷の書(新、旧の聖書)から学ぶ事も、多いのかと想われますが、馬鹿(生涯に奴隷、僕民)と成るのか、人として学び、知性の基に自立した精神で神仏、精霊や大自然と共に生きるのかは、君達の次第であり、どちらを選んでも幸福に成れると限らず、この世の仕組み(この世における有りのまま)を『 愛 』と表現するのが正しいのかもしれず、逆に「この世を作る事に参加する事が愛の源と成るのか」は、不明である。