記事一覧

神経細胞作戦

 能力が有っても適切な情報が届かなければ、動作に至らないので、情報の伝達における適正化、及び実行が可能だとされる論理の提供を行う戦略。

 人体(に限らず Robot )においても、手が有っても神経が配置されてなければ、動作に至らず、神経の配置が未発達な場合もあり、それらを論理(実行の可能性における説明: Soft の作成)、訓練、再生的訓練(もともと稼動していたが、何だかの理由で稼動に至らず、それを補う為の訓練、補整)が、実行可能な事を説明する。

 情報の提供後においては、対象者による自主的な訓練などに委ねられる。

注意

 一般的に、「気付き、目覚めなど」(自らを客観視した時の利点に対する理解や、それを育てたいと想う欲求を抱かせる)等と呼ばれ、『人の個人(個性)的な能力や魅力などを、対象の当人が未だ理解して無い状態の時に、それを客観的に第三者が刺激して活性化を図ったり育てようとする事で、その対象から好意、好感を抱かれつつ、''服従的な心境に陥る人の習性''を悪用して、何だかの宗教や思想の集団が信者や服従者を確保する(徐々に奴隷化を行う人間関係の工作)に使われる典型的な手段』にも類似しており、それの効果で作戦中(活動中)に色々な人から好意を抱かれる傾向にも有るので、本作戦の実行者には、対人関係上における倫理感が求められる。

補足

 あらゆる宗教や思想など団体(指定暴力団や英才集団を含む)では、悪用を避ける為に、それらの人間関係上における構造を信者や従事者にと安易(論理的)に伝えない事で倫理性を図ろうとしていた傾向に有るが、情報の活性化時代を迎え、一般の誰でもが使う事を試みようとする傾向に有り、身近な所では、友人や恋人間(恋愛的)な駆け引き等にも使われたり、悪用をされる(違憲、不法、他人の利益を不当に侵害する等)ことも有るので、防御力(自衛力)が求められる。

 なお、商業などにおける販売の話術にも使われ、相手の気分を欲する手段にも使われる。