記事一覧

天災を知らせてくれる怪現象

昔から伝わっている

 よく一般的には、「虫の知らせ」等と称して、対人の関係でも用いられる、『自然な現象だが、不自然に感じられる現象』を意味する。

実は、普通の人でも多くが体験している

 多くの人達が体験をしていても、それを『奇怪な現象』と感じながらも、それが何を意味するのか解らない事が多く、発生後において、「〇〇に関する虫の知らせだったのか」っと理解する事が多く、後の祭りと成っている。

 ある意味で、「嫌みな現象である(まるで神仏、精霊が自らの権威や存在を主張するかの如く、傲慢な対応)」と感じられるが、それでも色々と科学的に見れば、色々と解ってくる事も有る。

 一般的には、『予感、直感』として言われ、観察力や推測(予測)力が有る人に理解されるが、それらの能力を妨害する他者もいる事を確認している。

能力を有する人達の心情を害する事で

 何だかの能力が有っても、志が倫理的に強くなければ、犯罪の組織などに悪用される事も有り、更に宗教や思想の違いから、相手が正義的活動を行っていても、それを阻害しつつ、それによって相手が心情を害しながら、更に世間的に八つ当たりするで有ろう事までもを想定して変貌させる(Terrorism:テロリズム的な思考に変化させる)等の工作や、それを期する事を前提とした集団*1を作り、政治に影響(基本的に、与党が関与している宗教、思想が有益、及び悪行の暴露を避ける為と成る活動)を及ぼす工作が展開されている事も判っている。

 くどいようだが、己に何の能力があっても、違憲、不法な行為、及び、刑法など不条理な活動として認められるような輩達に使われたり、「人間関係などの工作によって、自らが悪事を働くような心境に追い込む輩達も悪い(日本国では、違憲で排除されるべく存在だ)」が、それらの攻撃を受けて心身を害する等の脆弱性を有する者(例えば、John Forbes Nash 等)は、下手に何だかの能力を有さない方が良い事も解るのかと想える。

*1:つまり予め将来に 予め Terrorism 化する事を想定して構成された集団や、その目的で人間関係の工作を行うなど、それを本邦の政府側でも自由競争として黙認している傾向が有るようだが、本来だと違憲:これにおける戦略性の観点は、「敵側の内部に居る、敵側の人員で構成された Resistance(レジスタンス)を支援する方法と同じで、軍事でも用いられる古典的で、現在に至っても広く使われる基本的な戦略