記事一覧

No.584 医療保護入院の制度

配信 平成28年08月05日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.584
作成 平成28年08月05日
課題 医療保護入院の制度
送付 平成28年08月05日

= 本文面に付きまして =
 この文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一部であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、僕の経済的な観点での
活動と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 本邦には、精神保健及び精神障害者福祉に
関する法律が有って、その第三十三条により、
医療保護入院に付いての定めが記されている。

 それに付いて立川市役所では、どのように
取り組まれているのかを、明確にされたい。
 

= 結語 =
 近年に「宗教団体や何だかの政治的思想の
団体に所属して、他人の精神を害する活動を
行っている者が居る」と、判断するに至って
いる。

 それらにおける倫理観の低さでは、教唆に
よる場合と、既に思考の操作を受けていると
言う人では、敵意を面前にて表した相手や、
相手に敵意が有る人だと認識していた場合に、
平然と攻撃を先攻して仕掛ける性格を有する
人が居る事も、簡易的な実験を経て確認して
いる。(一般の市民間に限らず、市役所職員、
警察官などの都職員、裁判所など国家公務員
など、広い範囲で調べた結果:ちなみに予め
「実験的に・・・(大人の対応を求める)」
っと相手側に忠告を行っても、平然と攻撃を
仕掛けてくる輩も多く居た。

 また、立川市役所の自治区に限らないが、
地域的住民との対立的な関係による孤立など、
本来であれば宗教や思想、何だかの共同体に
よる救済の活動によって保護されるが、その
宗教や思想の団体における利己的な争いにて、
倫理観の劣化が生じ、一般人に受け入れ難い
組織が形成され、仮に民が個人として主張を
行っても(憲法・第十三条にて個人の存在を
保障されているが)、それを和の精神などと
称して阻害を試みられたり、個人的な自立を
同胞内で確立しなければ、逆に阻害するなど、
その醜さに呆れつつ、立川市役所の自治区に
おける何だかの思想や、あらゆる全ての宗教
と称する集団は、「単に同胞主義者であって、
その狭間で孤立に至る民が居ると言うに過ぎ
ない」との結果に至った。

 更に、各種の団体における倫理観の低さは、
日本人の僕にとって異常に感じており、何が
原因で倫理感の低下が生じているのか観察を
試みたが、「反日本的意識を有している在日
外国人や、本邦の民であっても現行の政治に
反意を抱く人達により、各団体が構成されて
いる事が、原因の一つに有る」と判断するに
至っている。

 よって、立川市役所の自治区管内にと在る
宗教や思想など、例外なくあらゆる団体では、
精神的衛生の概念に欠如が有るとも判断して
おり、「安全、安心、健全を、維持するのが
難しい自治区なのか」と、日本国の民、その
一人として思うに至っている。

 なお、あらゆる団体とは、宗教や思想にと
限らず、政治の団体や指定暴力団、弁護士会、
町内の自治、友人との小集団など、集団性を
有する集まりの全てを意味する。

補足

 一番に失望したのは、立川市役所自治区へ
転居を行い間もない頃に、市役所側が運営を
する健康推進の催しに参加した時、「医師が
他人の精神を害する活動に関与している」と
解った時で、その後に、三つの病院における
医師や看護師でも、医療と別で平然と他人の
精神を操作する等を確認してた事である。

 僕が体験したのは、外傷的な病気の患者と
言う立場で病院へ出向いた時で、以前も同じ
病名で診察を受けているが、初診扱いで処理
されたり(医療費水増し請求の疑いが有る)、
「初めて御会いしますよね」等と、複数回に
会っている医師が言ったり、看護師を含めて、
平然と酷い事が色々と行われる事などを体験
するに至っているが、調査も兼ねていたので、
その時に医師や看護師と対話を行った内容は、
全て録音しつつも、その音声などを保管して
おり、それらを基にして後に告発をする予定
もある程に至っている。(準備中)

 よって、今回の確認では、被害者でもある
可能性が含まれる医療保護入院を必要とする
人達に対して、外圧から精神的な病状を悪化
させてしまった人が、無差別殺人などに着手
するに至らず、自らの精神的衛生を自衛的に
護る為の能力、及び環境を維持する為の制度
などに付いてを、改めて提案するべく事前の
調査に該当しており、追って後に各分野での
提案を行う予定も想定しているが、本文面に
おいては、とりあえず第三者からも明らかな
医療保護入院が必要と想える民が、立川市の
管内で発生したら、どのように保護を行うの
かを、まず確認する。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所のみ

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、医療保護入院の制度

天使 対象者を安全に捕獲する事も重要視される。

悪魔 ところで、どうやって対象者を見付けるの。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =