記事一覧

立川市役所の管轄下にある自治の構造

解っている事

 立川市役所の自治区では、異常な数の宗教団体が在り、それらを経て在日外国人による 対日本人、及び文化に対する Mix(みっくす)化戦略が行わていると判断している。

 また、裁判所、警察署の利用を妨げる人間関係の工作も有り、日常の生活に悩む事があれば、「宗教や、何だかの思想に依存させる」ような仕組みも形成されている。

 更に、行政 Service の利用では、既に各種の宗教団体を介して(在日帰化人の子孫を含む)公務員にも入り込んでおり、工作を展開している(行政 Service を利用する事の妨害など:実体験が有る)とも判断している。

 よって結果的には、亜細亜系在日外国人との平等性を図る仕組みが有って、それにより在日外国人系の工作的活動にも優位性が生じていると想われる。

 なお、「亜細亜系在日外国人を使って、西洋的思想(主に、Freemason の管理下にある Christ 教)に基づく、文化的な戦略(天皇制の廃止が含まれる)が展開されている」とも判断するに至っており、その(天皇制の廃止)観点から共産主義との連帯性も問題視されるが、肝心な皇室の人員に危機感が無く、挙句の果てに皇室の人員で、愚かにも Freemason の一員に成っている可能性を想えば、失望するにも至る。

宗教や思想と、在日外国人

 『 宗教や思想の集団をを媒介して、人種の意識を Mix 化する事 』とは、宗教や思想の集団内では、国際観として国籍を問わず同胞者に平等性が定義され、それによって在日外国人の優位性も生じる事が有る。

 そうした人間関係を経て、「更なる工作的(Mosaic化)活動を展開する事へ繋げている」と判断するに至っている。

補足 Mosaic(モザイク)化とは

 Mix 化(Micro:ミクロ:微小、小型) に対する Macro(マクロ:巨大、大型)な部分で、行政機関などをも操作する事や、経世済民活動にも影響するのが、Mosaic化(組織の展開と、行政や自治の秩序を操作する為に、人種の壁を美化する工作)で、倫理の操作(近年の事例として、増悪的表現の活動を操作する等も含まれる)や、大衆の意識的操作(Mind Control:マインドコントロール)が含まれる。

 本邦では、国際的にも有名な Freemason の存在が確認されており、他にも各種の宗教( Christ教 )や思想、及び周辺諸国の文化的な思惑に伴う工作的活動も、 Macro 活動に含まれる。

 また前出のように、西洋的(主に、Judaea、Christ教の)思想と、その末に発生している 『 Christ教由来の共和主義 』と、『 仏教由来の共産主義 』が、天皇制廃止に対する協調的関係(御互いの共通的な目的)を形成しているとも判断するに至っている。

 よって、本邦の皇室制を維持するには、周辺諸国民からの支援も必要だが、平成を迎えた後に、国際的な観点での外堀(諸外国民から天皇制を支持してもらう事など)を埋められている(妨害されている)事に気が付かない皇室の怠慢や、それに気が付いていても対策の脆弱性が問題視される。

 なお本邦の民は、憲法の前文に習い、皇室の制度を含む、日本国憲法を擁護する事を宣誓しているが、その認識が無い本邦の国籍を有する程度の民(全種の公務員を含む)を、僕の経世済民学では、『 在日日本人 』として分類するに至っており、相応の対策も一昔前から展開している。

・参照
国 在日日本人の調査 日誌/進捗/平成28年度/93