記事一覧

大嘗祭を挙行

天皇における生前の退位

 平成30年11月に、関連の儀式を予定するらしく、その為に必要とされる法整備が始まって居るらしい。

・参照
 平成30年11月に大嘗祭を挙行へ 通常国会で法整備不可欠に  - 産経NEWS

問題視される点

 現在、皇室で行われている神道の儀式に付いて、異常に莫大な費用が要されている事が解っている。逆に、過剰にと費用を必要とする体制でも無いと想えつつも、『資本主義による外圧的な攻撃的展開による影響』とも解せる。

 つまり、皇室の儀式に対して、民が過剰な費用に疑問を抱くように成れば、それで信用の失墜が成立、拡大する事に成る。その点を想えば、それを好むのは、共産主義、共和主義、Christ教。

立川市で体験している事

 立川市に移住してから解ったのは、Freemasonと関与が有る多摩地域において、立川市を中心に改めて共産主義者が、威力を拡大している部分に疑問を抱いていた。

 本邦の神道を排除するには、まず民からの信用を失墜させる必要が有り、その後に共産、共和の主義を樹立させれば、完全なる奴隷国と成り下がる。その過程は、中華人民共和国の歴史を見れば解る通りで、IBMなどの進出やChrist教圏の国々との貿易を見ても解る通り。

 そもそも、Christ教の地で発生した共和的(Christ教の文化を経て派生した)主義と、それと大差ない共産(仏教の文化を経て派生した)主義を、本邦における似非(Freemasonが、本邦にて各Christ教や、ものみの塔などJehovaの証人を使った思想の展開に加えて、仏教を取り込み、その印象を悪くする活動を踏まえつつ、劣化した仏教の集団を育てる等:その手段は、القاعدة‎(アルカイダ)を育てた方法に類似する)な仏教を用いて、色々と展開していた疑いが有るとの疑念は、日々に増すばかりである。

 更に、天皇と同等を主張する者達まで出現している状態には、日本の国民として危機感を感じている。

 ちなみに中華人民共和国(中共国)では、『法輪功』の存在が問題視されており、本邦に現在でも存在する似非仏教集団に類似する事が懸念され、日本国の民である僕(共産主義を支持してない:民主主義における文化的が成熟した後に成り立つ主義だと想われるが、僕が知る限り人間には、倫理性の維持における観点からも無理と判断している)でも、中共国の政府が警戒する理由が、論理的に解る。また、それに対して『人権を擁護的に主張する集団が有る』など、やはり(偽正な)民主的展開も有るのかと想うに至っている。

対策

 まず過剰な出資を避ける必要が有り、政治家などから神道を阻害するChrist教の工作に対する『思想の防御』を行う必要が有るのかと想われる。

 既に、皇室においては、その子孫などで、Christ教に意識が傾いている人員も居るのかと感じられつつ、それらの存在は、「愚かにも、自らの王位を、自らで否定しているに等しい状態に有る事に気が付かない」のかと想われ、それを僕の独学における経世済民学では、『 似非な王服を着せられた王 』と称ており、「その発想は、『裸の王さま』と逆に、王に相応しい服(または、生活環境や振る舞い)だ」と、当人に過信させて、思惑通りの行動をさせる、人間関係の工作と想える。

 その状態は、教唆などによって生じても、実行しているのが当事者なので、工作員の側で責任を負わされる事が無く、仮に責任を課せられても、命や社会的地位までもを奪われる事が無い。

 それらの基本的な攻撃の手段は、情報(五感や第六感を含む、それらから得る情報)に有り、それを操作されてしまう事で、人格が色々と変更されてしまう。