記事一覧

No.588 Plastic の Recycle

配信 平成28年10月19日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.588
作成 平成28年10月19日
課題 Plastic の Recycle
送付 平成28年10月19日

= 本文面に付きまして =
 この文面は、日本国の憲法・第十二条を
基礎とした経済活動の一部であり、特定の
政治、宗教など、何だかの団体や、議員の
優位性とは、一切に関係が無く、作成して
います。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、
本文と同意的な思考で活動を行っていても
一切に関係が無く、僕の経済的な観点での
活動と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が
活動に流用する事を著作権の関係からも
許可することは、有りません。 

= 趣旨 =
 『広報たちかわ』平成28年年8月10日号、
6・7面で、Plastic(プラスティック)の
Recycle(リサイクル)に関する現状が、
伝えられている。

 ところが、僕が把握している限りでは、
「焼却で処分を行う方が、経済性が高い」
と言われているのかとも想われる。

 つまり、再度に資源化を検討するよりも、
資本的な負担や、それ(Recycle)を経て、
一般人が得られる経済的な利益(資本的な
利益にと限らない)では、均等性が無いと
把握している。

 よって、主に資本的な負担や、次いで、
労力的な問題を含めて、『(あ)再生的な
利用を徹底する事と、(い)焼却で処分を
行うこと』とでは、『(ア)資本的な観点、
(イ)経済的(資本的な利益と他で生じる
民の文化的利益:生活感における満足度の
向上など)』の観点で、どちらが効率的に
成ると把握しているのかを明確にされたい。

= 結語 =
 本件における『 Plastic 』に限らず、
何だかの資源の再利用における過程にて、
経済化を図る必要が有るのかと想われる。

 全公務員は、憲法・第九十九条、並びに
地方公務員法・第三十一条に伴い、宣誓を
行っているのかと想われつつ、立川市役所
で、「地方自治体の本旨を体するとともに
公務を民主的、かつ、能率的に運営すべき
責務を深く自覚し、全体の奉仕者として、
誠実、かつ、公正に職務を執行することを
固く誓います」との内容に、署名も行って
いたのかと認識をするに至っている。

 よって立川市役所には、「能率的に運営
すべき責務を深く自覚する立場にある」の
だから、Recycleに限らず、全ての公務で
能率的な運営を追及、研究する必要が有り、
今回の事案では、「再生的利用の部分で、
効率性を図る努力が行われているのか」を
問われる事に成る。

 尚、「公務上において限界が有る」とも
国民の一人として判断できるのであって、
それ(知恵、労力の不足など)を補う努力
として、市民から意見(要望、苦情を含む)
を募る事も重要視され、本件のような事案
では、「(一)Webpage上で、相応の頁を
作り、広く多くの市民や、国際的な規模で
意見を求めたり、(二)広報誌で意見を
求める事も重要」と想われるので、それを
検討されたく、仮に既に(一)が有るので
あれば、相応のURLなどを明確にされたい。

= 注意 =
 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

= 笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き) =

万学2的、Plastic の Recycle

天使 資源再利用は、物に限らず生物にも値する。

悪魔 つまり、高齢者や不良人の再利用ですか。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =