記事一覧

米国と石油

Seven Sisters(セブン シスターズ)外交

 米国により新たに展開する石油の事業において、日本国の銀行が関与する事に抗議をする人達が現れた。

参照
 邦銀前で抗議デモ=パイプライン融資に反発-NY JIJI.COM 平成29(2017)年02月02日 10時17分
 

本邦(日本国)における石油と水素の燃料

 本邦では、水素燃料の開発が進んでいるが、それを阻害する要因として致命的なのが、石油である。

 主に自動車、電力会社(火力発電所)が阻害の原因と成っており、水素自動車も海外への輸出が可能と成らない限りは、繁栄が難しく成る。

 また本邦では、銀行が支援している関係から、「本邦に、お金を出させて石油事業を展開させており、経済性の責任から等ならば、出資者の責任は、労働者よりも重い」ので、それの観点からも、「自然環境への悪影響における責任は、本邦(日本国)に有る」との戦略に負けた事を意味する。

 僕的には、過剰な石油の事業を求めておらず、嘗ては、石油の価格を高騰させる情報の戦略が多く行われていたと判断しており、現在では、軍事を用いて石油のか価格を調整する事が、国際的規模で公然と行われている。

 ちなみに僕は、「自動車において、化石燃料を使う車両を購入しない」と決意したのは、かれこれ10年ぐらい前で、代わりに代替的燃料の開発における促進を国家などに求めていた。

 現在では、水素燃料車の普及を、民の一人として強く求めており、その点について皇太子 徳仁 親王 殿下の活躍にも期待している。