記事一覧

洗脳の基礎は、中共国だとする情報の操作を感知

僕が知る限りでは、古来から有る服従の手段

 『(あ)薬物による隷従の方法と、(い)外に言葉、暴力で服従させる方法』が確認をされている。

 外に、生活の習慣へ、不自然な行為(行動)を含めつつ、それを厳守させる事で、隷従性の保持と確認を行う事も有り、挨拶、礼儀などにも導入される事が有る。

 例えば、Großdeutsches Reich(旧独逸)時代の人体的実験も、世界的に知られている。

注意する必要が有る

 僕が把握する限り、「中共国による、洗脳や、行動心理操作の工作よりも、西洋的(得に米国)思想による工作の方が脅威である事」が、問題視されている。

 基本的に、「(死への)恐怖感を煽る」のが基本と成り、精神を不安定、及び心的な傷害(障害と異なる)を発生させ、それの修復を他人に頼るであろう」との手順から、付け入るのが一般的に多く悪用されている。

 「修復を他人に依存する」との観点では、詐欺でも多く悪用されており、電話(話術)による工作において、「あなたの電話番号は、犯罪の組織に登録されている。それを免れる為に、私が配慮する。だから、それに対する費用を求める」と言う、『被害からの防御を装う詐欺』も生じているが、それが前出に該当する。

 第二次世界大戦後では、Großdeutsches Reich(旧独逸)の軍事的情報を、科学者を含めて回収を行っている*1米国が脅威と成っているが、その実感は、世界中の民に無い。

憲法、法律も、洗脳や行動的規制(Mind control)の一種

 「もともと、法律などは、人の行動を制限する為に有る」が、その観点から、それらに逆らいたく成る心境に陥るのも、人間的に普通である。

 ところが、本邦(日本国)場合だと、制限の範囲が狭く、後に規制がされる形式が多い。

 つまり、もともと日本国の憲法(昭和二十一年十一月三日憲法)の第十二条では、「自由に付いて、『勝手』と区別されている」が、それを理解する民は、人口の1000分の1未満と想える程の状態に有る。

日本国憲法 (昭和二十一年十一月三日憲法)

第十二条
 この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。

 また、「規制されて無い(制限されて無い)部分は、自由(公共の利益を損なう事は、自由に該当されない)」と成るが、日々の生活上における視野や、思考の範疇が狭いと、日常の生活が不自由に感じる錯覚心を抱くのも、人の特徴である。

 更に、仕事、家庭、恋愛、友達との交流など、あらゆる部分で自然的な制限が生じる。

 逆に、「人の個々に置ける性格を、お互いで理解する事で、自然的な制限が生じる事を理解する事で、人間の関係が深まる」のが、一般的で有る。

 近年では、「美的な感覚なども操作されている(一般に流行とも言われる)」と判断できるが、第日本帝国時代には、母国の為に他人を殺す事を、全国民へと洗脳が行われ、その背景に米国や西洋の思想による工作が有ったのかと、疑うにも至る*2

結論

 米国による政治的な背景(Freemasonry)からの脅威を抱かない本邦の民には、疎か(愚か)さを感じるが、それに留まらず、本邦の国内で発生する『洗脳、行動的操作』を主体とする似非な宗教の存在と、それらを操作する日系Freemasonryの存在を、日本国の民、その一人と言う立場で脅威に感じており、特に『Freemasonryの世襲的な人事』によって生じる倫理観の劣化(精神病質者の発生などを含む)が懸念される。

 また、世界的規模でも注目される、漫画、Animation(俗称は、アニメ)を介する洗脳、行動心理的操作(刷り込み)も問題視される。

 『中共国で懸念される言論の不自由』には、「人が日常に発する言葉からでも、他人を悪行的に操作する事が可能」との部分を、懸念されている事が多く、主に暴動、暴徒の抑制を念頭に警戒されている事が多い。

補足 薬物的な隷従、依存は、大日本帝国でも研究されていた。

 一般的に、覚醒剤と聞くと、「海外から密輸される物」と現代人だと思うのかと想われるが、「もともと大日本帝国の時代に、本邦で開発された*3」と言う情報が広まっている。

 また、人間の関係においても、依存性が自然的に生じる事も有り、虐待が生じている親子間にも見られる。

*1:Stealth Aircraft(ステルス戦闘機)、宇宙船技能なども含まれる。
*2:本邦の歴史では、明治維新以前まで遡る。
*3:一般に広く知られていたのが、Philopon(ヒロポン)で、大日本住友製薬株式会社(現在でも存在する)が販売を行っていた。ところが、企業的にも財閥企業で有りつつ、Freemasonryに関連する財閥的企業とも、想える。