記事一覧

No.604 農業と、IT・AIに付いて

配信 平成29(2677;2017)年08月18日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.604
作成 平成29(2677;2017)年08月17日
課題 農業と、IT・AIに付いて
副題 高齢者農業と電子的情報の事情
送付 平成29(2677;2017)年08月17日

本文面に付きまして

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、作成を行っています。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の経世済民的な観点を基礎とする活動である事を、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事を著作権の関係からも許可する事は、有りません。 

趣旨

 立川市役所の管内における農業において、AI(人工的知能)を含む電子的情報(ITなど)を用いた活動は、どのように展開されているのかを明確にされたい。

 また、「農業において高齢化が進んでいる」と指摘されていた(最近は、話題に成ってい無い)が、高齢者農業と電子的情報の事情に付いても、明確にされたい。

補足

 近年は、農業系の学校でも、電子的情報を取り入れて展開する農業が増えており、既に海外だと、AI が導入された『(甲)無線航空機、(乙)農業の車両(広大な土地を、無人車両で管理する:耕す、殺虫、収穫など)』の実験が行われている。

 また、近くに有る大学と共同で、『都下の農業』と題する形式で、『(あ)電子的情報の取り扱い、(い)高齢化と農業』の研究が行われても好いのかと想われる。

 更に、「農業の工場を、電子的制御で可能とする事によって、地球外での農業を可能にする(宇宙の開拓における基礎)」への期待も、されている。

 よって、「立川市役所管内における農業において、大学など各研究機関と連帯する形式で、展開されているのか」を明確にされたい。

 なお、既に各研究機関との連帯性が有る場合には、「事例的に、どのような事が展開されているのか」も明確にされたい。

結語

 自治制の基礎には、『 農業、工業、商業 』が有り、その中でも重要視されるのが『 農業 』と成るが、それにおける管理を、自治体が適切に行っているのか、国民の一人と言う立場で把握する必要が有る。

 また、近年の若者達は、「店に並ぶ食品は、どのように提供されるのか」を理解されてない(本邦における食品の国内生産率は、「五割よりも低い」との認識が有る:つまり、輸入品が国内の生産を上回っている事を知らない)場合が、多い。

 更に、関連する経済的部分で、「お弁当、飲料など、大量に生産される工場において、夜間帯(に限らないが、比較的に多い)の労働者に、外国人が多く起用されている」との事情も知らない人が多い。

 よって、それらの事情を、「(ア)まず立川市役所(自治体)が把握を行っているのかを、簡易的に確認を行いつつ、(イ)次いで、自治体(行政の機関)と言う立場から、適切に民へと理解、把握を求めているのか」の確認をするに至る。

 なお、本件に付いては、返答の外に、今後において可能であれば、広報紙の話題(課題)を介する形式などで、事情を広く民に伝えられたい。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、農業と、IT・AIに付いて

天使 第一の産業と、情報処理技能の融合。

悪魔 悪魔って、AIにも居るのかな。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =