記事一覧

No.607 不適切な大衆的意見の求め方

配信 平成29(2677;2017)年10月06日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.607
作成 平成29(2677;2017)年10月04日
編集 平成29(2677;2017)年10月05日
課題 不適切な大衆的意見の求め方
送付 平成29(2677;2017)年10月05日

本文面に付きまして

 この文面は、日本国 憲法の前文、並びに第十二条を基礎とする経世済民活動の一部であり、特定の政治、宗教、思想など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、作成を行っています。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても一切に関係が無く、僕の経済的な観点による活動と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各種の政治、宗教、思想などの団体が、それらの活動に流用する事を、著作権の関係からも僕が許可する事は、有りません。

趣旨

 『立川市障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例(素案)へのパブリックコメントの募集について』は、不適切な大衆的意見の求め方に該当するので、改められたい。

理由

一、憲法の前文を理解されて無い

 本邦の憲法 前文 第三段落目によれば、「普通の事(過剰に規制を行う必要性が無い事)を、過剰に規制を行う目的で、条例の設置を検討するに至っている」と判断するに至っている。

 つまり、「設置を予定する本件の条例案は、それを新たに設置する理由が、『憲法を理解する民ならば、その必要が無い』と想えるが、憲法を理解するに至る民が居ないので、条例を設置する事を求めている」と解せるのであり、「立川市役所の管轄下にある市民は、憲法を理解する事が行えないので、条文を設置する」との疑いが有る。

 また、立川市民憲章の『(甲)たがいに尊敬し、思いやりのある家庭とまちをつくります。(乙)きまりを守り、協力しあって、住みよいまちをつくります。(丙)心とからだをきたえ、文化を高め、伸びゆくまちをつくります。』の観点に欠ける市民が多いので、改めて条文を設置する必要が生じているのかとも疑える。

ニ、誰を対象とするのか明確にされて無い。
 僕が立川市役所の管轄下へと転居を行った当初に、人間的関係の工作(工作員には、在日南北朝鮮系などを含む)を受けた時に、やたらと障害者福祉へと意識を向けさせるような誘導が有った事を確認するに至っており、その心理的操作に医学的な観点(医学的に教わる心理学の基礎が用いられていた:僕の観点では、その攻撃の方法が、古典的であって、且つ近年だと指定暴力団や犯罪組織でも悪用される心理的操作の方法)が用いられていた事を感知するに至っていた。

 また、「それを逆利用する形式で、敵側の制御を行う事を試みており、ほぼ成功するに至っている」のも事実で有る。

 本件の条例案では、「(ア)『人』が記されているが、『(本邦の)民』と記されておらず、(イ)外見的に日本人に類似する ASIA 系の在日外国人が異常に多い地域(立川市役所の管轄下:広くは、多摩の地域)において、『真の目的は、在日外国人を対象とする事(条例案)である』との可能性を疑う」に至っている。

 よって、『(1)まず条例案の対象者を明確にされたく、(2)それが何であれ、憲法の前文に定めが有る程度で、十分と想えるのだから、本条例の案を棄却されたく、(3)代わりに、現行の憲法における理解を深めるよう、市民に求める事』等を、日本国の民、その一人と言う立場で、立川市役所に(公務側:日本国 憲法 第九十九条、並びに地方公務員法 第三十、乃至三十三条を)求める。

三、条文名も、日本語の感覚からは、不適切に感じられる
 『立川市障害のある人もない人も共に暮らしやすいまちをつくる条例』は、日本国の民、その一人と言う立場で、語学的に不適切な表現と感じられる。

 ・『立川市』
  条文に、わざわざ『立川市』と入れる意味が不明。

 解説>
 人でも自分の名前を、主語(私、僕、俺)の代わりに表現する人が居る(他者と、自分を明確に区別、差別する意識から生じる:雑種的に、一般人が言う『私、僕、俺』と当人の意識とで明確に区別され、常に自分の明確性を図る表現:ある意味で、自意識が過剰に表現される)が、立川市役所は、公共の自治体であって、過剰にと主張をする理由が無く、「市町村長議会などで、功績の発表を行い、他の市町村と、情報の共有を行う程度で良いはずが、それを行わず、利己的に逸脱する傾向に有る」とも判断するに至っている。

 ・『障害のある人もない人も』
 日本語の観点では、本来だと『障害の有無を問わず』と表現するのかと想われるが、なぜか『人』が不自然に強調されており、謀(はかりごと)を感じる。

 ・『共に暮らしやすいまちをつくる条例』
 日本語の観点では、本来だと『共に暮らし易い町を造る』が、適切と想え、過剰に平仮名で表現され(表題を造った者、及び、それを認めた者の性格が表れている)、醜く感じられる。

 また、その部分を語句的に適正を想うまでも無く、やはり憲法の前文、第三段落目にて満たされているので、何ら改めて定める理由が無い。

結語

 結果的に、「憲法の前文を理解するに至って無い公務員、及び立川市役所の管轄下にある市民によって、本条文の案が存在する」と判断でき、その状況が違憲に留まらず、不法にも該当すると想える。

 また、「本条案の真の目的は、『在日外国人の障がい者を対象とする、表見上で政治的だが、実質的に宗教を介する二次的な表見(偽装の二重化)を有する思想から生じる工作の一つ』と判断するにも至っている事」から、日本国の民、その一人と言う立場でから、条案の棄却を求める。

 逆に、「憲法や法律を理解する民ならば、ごく当たり前の各条文であって、それを日常において公務員の立場から、民に理解されない自治の状況に問題が有る」と判断するに至る。

 よって、「むしろ立川市役所の自治内は、非国民な感覚(憲法に添わず、勝手な宗教や思想によって自治性が左右される)で展開された、集団(自治と言うに、値するに至らない)とも判断でき、数年前には、他事情を含めて、総務省へと「立川市役所の自治権を剥奪するように求めた事も有る」程の状況に有ったが、「それから時が過ぎても、憲法から歪んだ観点を維持する事を続けている」とも想え、本邦の民と言う観点からも、不快と言うよりも、不穏性を強く感じる(静穏性を維持する事が行えない自治と判断する)に至っている。

補足

 現状の大韓民国における文化に付いて、西洋的思想の拡散を行う工作に、日系の Free Mason が関与(医療を介する形式で軍事などにも関与)を行っていた事が公にされているが、それの関連から『逆に本邦の国内でも、相互的に西洋文化の拡散、及び本邦の文化を駆逐する工作の活動に、在日大韓民国人が関与を行っていた可能性』を疑うにも至る。

>留意
 僕は、共産的主義などを支持する事は、基本的に無いけども、諸事情(国内外で展開された工作の事情;被害)から、Free Mason とは、公において敵対を宣言するに至っている。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、不適切な大衆的意見の求め方

天使 特定の意見を得る為に設置された工作に想える。

悪魔 工作は、物造りの過程に過ぎません。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =