記事一覧

平成29(2677;2017)年度 立福生 第2394号

内容

 『被生活保護者における遺留品の扱い』に関する調査で、被生活保護者が、亡く成った時に生じる遺産(遺留品:資本を含む)の処理(物品を現金化、廃棄の外に、債務の整理を行う事も含む)が、どのように行われているのかを確認。

 また、その調査(長期的な動向の調査)を行っている間に、『立川市議会において、(甲)「10年を境に、市の財政へ取り入れる検討が有る」と、(乙)市役所(行政)側と、(丙)特定の議員とで、質疑が行われた』との情報を、『たちかわ市議会便り 平成29(2677;2017)年07月25日 第305号 六頁』にて確認。

 改めて、別の観点から調査を行うに至った。

 その間に、立川市役所(福祉保健部 生活福祉課:課長)側から協力を得て、対話の記録を元に、発行されたのが、本書(立福生 第2394号)に該当する。

参照

平成29年度の進捗/33

返答

ファイル 3790-1.jpg