記事一覧

No.610 水素的燃料に付いて

配信 平成29(2677;2017)年10月26日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.610
作成 平成29(2677;2017)年10月25日
課題 水素的燃料に付いて
送付 平成29(2677;2017)年10月25日

本文面に付きまして

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とした経済活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、作成しています。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても一切に関係が無く、僕の経済的な観点での活動と成るので、予めに御理解を下さい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事を著作権の関係からも許可することは、有りません。 

趣旨

 近年の本邦(日本国)では、水素的燃料と、それに伴う自動車などの開発も展開されいるが、「立川市役所(市町村自治)では、どのように取り組んでいるのか」を明確にされたい。

 なお、『立川市役所の管内に、水素的燃料(または、燃料電池車用)の給油(給電、給水)所が在る(施設的には、東京都の管轄)』との認識が有り、その施設における現状(稼働の状態)も明確にされたく、『管轄が東京都なので、そちらに聞け』との返答は、許されず、「東京都の管轄下と成る施設でも、管内に在る(市民、及び近隣市町村の民が利用する)のだから、その事情を十分に把握する必要(及び義務;仮に、本件に限らず、不要な物が、無駄に存在するならば、それを排除するように求める必要性、及び権利)が、自治体(及び民)に有る」のだから、その観点からも把握する必要が有る。

結語

 『水素的燃料の展開には、給水(水素の供給)を必要とする』が、その安全性を確保する為には、現行で営業されている給油所(一般的には、Gasolene Stand と呼ばれる;ガソリン スタンド)と同じく(または、それ以上に)、施設の構造における精密(特殊、及び独特な安全)性が求められ、また自動車企業からの協力も求められつつ、更に各種(地方、市町村)自治体の協力(所属する民への理解、利用の促進など)も求められる。

 よって、「立川市役所が、どのように取り組む体制が有るのか」を確認する心境に至っている。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、水素的燃料に付いて

天使 水素的燃料は、環境に良く、循環性も高い。

悪魔 水素的爆弾を作る準備を展開。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =