記事一覧

भारत गणराज्य(インド)における大富豪、大貧民

最下層出身者達による対抗的活動

 ある意味で、貧困層が知識を得ると、このような現象が生じる。

 また、「国家(や文化)が成長(文化が発展)するのには、必要な通過的過程なのか」(人体の成長で言う、第二次成長期の如く)とも想える。

 国家と言う観点では、「いかに犠牲を少なくするか」が問われ、「合理的(経世済民的には、不条理)に処理をすると、国家の経済が破綻する傾向にあり、形式だけの国家は、他国との依存性から軍国化(番犬化)される事も、多く有るのが現状」と判断するに至っている。

参照
 ・印カースト最下層出身者ら、ヒンズー至上主義に抗議デモ - AFP BB NEWS 平成30(2678;2018)年01月04日 17時59分

僕が解説するならば

 僕の経世済民学的な観点では、本件の課題における国の事情に限らず、「故意に困難化する観点よりも、一般的に判り易い説明をするならば、絵札( Trump )の遊びと成る『大富豪(大貧民)』を体験する事で、色々な事が解るのかと想える」と説明する。

 『 じゃんけん 』の原理と同じで、「(あ)甲は、乙より強いが、丙に劣る。(い)乙は、丙より強いが、甲に劣る。(う)乙は、甲より強いが、乙に劣る」と言うような論理式で遊び、『大富豪、富豪、平民、貧民、大貧民』など、三種類以上の階級を組み合わせて争う遊び。

 僕の観点だと、『白人的思想において、Chess(チェス)で論理を学ぶ』ような観点と類似するが、異なるのが「社会的に最低な弱者は、『社会的優位者から、何だかの利益を奪う事』が、展開される」と言う観点を理解する事が重要で、「あらゆる犯罪でも、『利益の生産と、消費』において、自分が欲する物(事)を、生産する能力が無い者(物)は、他の者(物)が生産を行った物(者)を奪う事(他動物捕食する事も、含まれる)によって、補う傾向に有る」のが、この地球上における生物の特徴と成っている。