記事一覧

No.617 炊出に関する法令など

配信 平成30(2678;2018)年01月20日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.617
作成 平成30(2678;2018)年01月18日
課題 炊出に関する法令など
送付 平成30(2678;2018)年01月19日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教などの団体が、活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立広聴・平成29(2677;2017)年度・第526号において、「炊出を行うには、法令等に基づく許可を受けた上で行われる」との趣旨で、返答されているが、法令等の明記が無い。

 よって、日本国の民、その一人と言う立場で、『そのような法令等が有ると想えない』が、仮に関係する法令等が有るならば、それを明確にされたい。

補足

 広報課には、数年前から再三に注意を行っており、「公務員が、一般人に説明を行う時には、法律、条令、規則などを明確にする事を前提に説明を行う事は、公務員の義務(憲法 前文、第九十九条、並びに地方公務員法 第三十から三十七条、及び公務員着務時における宣誓文など)である」と伝えつつ、人事課へは、再教育を求めていたが、その後における改まりが無い。


> 改まりが無いとされる部分の詳細

 広報課では、「仮に、他部署で作成された文面に、法規の存在が記されておきながら、その法規名、条文が記されて無い事を検知するに至った場合は、それを広報課 課長の権限で、相手方の部署へと注意を行い、改めて法規が明確にされた文面で、再提出を行ってもらう事」を、数年前から求めていたが、改まりが無い。

 よって、本件の関連では、「市長、総合政策部 部長、広報課の課長、担当の係長には、『相応な能力が無い』と判断せざろえず、(あ)市長、総合政策部 部長に限り、辞任の請求(状況を改める請求は、数年前から行っており、それを改めないが故の二次的対処)、(い)課長、担当の係長には、再教育を行うように求める。

 なお、補足の節に付いては、本課題の主体と異なる事から、仮に当方へと返答を行うのであれば、人事課を経由する形式で、返答を行われたい。 

結語

 現行の本邦では、官報の配布を、国民の個々に行って無いが、以前から『(ア)全国民に配布するように求めたり、(イ)古い官報に限っては、PDFで公開をするように求めていた』が、現在では、(イ)に限って実現化するに至っている。

 また、国家と言う立場から無責任にも、成人に小六法(又は、判例六法など)の一冊すら提供を行わず、その存在までもを明確にせず、社会的責任を課する事は、卑劣極まりない環境下に、若い世代を晒すのと同じである。

 更に、若者達の意識では、「知らなかった」と言えば、罪が軽減される意識も強く、それら若者達の人格を構成するに至ったのには、新成人よりも年上の者達による、社会的な環境造りへの責任が問われ、その責任と言う意味で、『日本国の民、その一人と言う立場に在る僕は、十分に責任を果たすに至っている』が、それと比較するならば、「他人は、どうなのか」も問われる。

 近年では、在日外国人が、「知らなかった。外国人なので、知らなくても当然だ」と主張する事が有るとの認識も、僕の扱っている事案の経験から、判っている。

 よって、好い事を、他者が学び、それを習得する事には、国際的な平和の観点からも、自国の民の子孫に限らず、問題視する理由が無く、悪い事ばかり真似る不良に付いては、人類的な観点でも脅威であって、特定の国に限らず、国家、地方・市町村の自治、近隣(町内の自治、隣近所)、家庭(夫婦、親兄弟、姉妹や親戚)内など、その悪影響を危惧されるのだから、悪い意識(精神病質性)を、根底から改める事も無いであろう人に付いては、『憲法の前文に習い、排除を求める』に至る。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、炊出に関する法令など

神 悪事を育て、それを狩る悪徳な正義(偽善者)

鬼 古来から人間って、そう言う生き物ですけど。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =