記事一覧

刑法犯認知件数が最少を更新

前年度よりも少ない

 平成29(2677;2017)年度に、全国の警察が認知する刑法犯は、91万5111件で、前年度よりも減少との事。

参照
 ・刑法犯認知件数が最少更新 昨年1年間91万5千件、窃盗犯が大幅減 警察庁まとめ - iZa 平成30(2678;2018)年01月18日 10時29分

平成28(2676;2016)年度

 「平成28(2676;2016)年度の1年間に、全国の警察が認知する刑法犯は、99万6204件で、戦後において初の100万件以下と成った」との事。

参照 (注意、情報は、平成29(2677;2017)年)
 ・刑法犯認知100万件割る 戦後初 詐欺や誘拐は増加 - iZa 平成29(2677;2017)年01月19日 21時33分

実際の事件では、警察に認知されているだけに限らず、統計数の信頼性が低い

 ここ数年において、立川警察署で刑事に関する事件の対応を『 粉砕 』されたのは、数件も生じており、その中に僕への脅迫、詐欺なども含まれる。

 また、裁判所の利用に付いても、一般者からの利用を拒絶、粉砕する傾向に有る事が解っている。