記事一覧

No.619 二十歳を迎える在日外国人

配信 平成30(2678;2018)年01月24日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.619
作成 平成30(2678;2018)年01月20日
課題 二十歳を迎える在日外国人
送付 平成30(2678;2018)年01月20日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 在日外国人が、本邦の文化的基準で言う『成人(二十歳)』を迎える場合には、「本邦の民と同じく、成人式への参加(招待)を行っているのか」を、明確にされたい。

補足(要望を兼ねる)

 立川市役所では、多文化共生都市宣言が行われており、それを基準とする鑑査を兼ねる。

 仮に、「在日外国人は、成人式への参加における対象に成ってない」ならば、参加が可能に成る事を検討されたい。

要望

 僕は、本邦内において、在日の(南、北)朝鮮人、中華人民共和国(特に、台湾、上海など)人による繁殖、繁栄を求めて無いが、「日本国の文化を知る機会を、外国人に与える」と言う観点では、他国民(他国籍)の子孫を、本邦の成人式へと参加させる事は、とても重要だ」と思っている。

 逆に、「本邦の民であっても、反社会的な行動をする少年達により、成人式の妨害を危惧される場合には、『該当者の参加を拒む、相応な理由が有る』」と判断できる。

 つまり、「治安の維持と言う観点からも、本邦の民だからと言って、過保護に扱う理由が無い」とも思っている。

 よって、「健全な成人式を遂行する為に、何が必要なのか」を、考慮されたくも想っている。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、二十歳を迎える在日外国人

天使 各国の文化によって、成人の定義が異なる

悪魔 今回の請求で、日本人の傲慢さが、解る。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =