記事一覧

中華人民共和国と米国による、AI開発の競争。

相手に勝たせて、利益を得る。

 米国は、中華人民共和国に勝っていると、公表されないと想われる。

参照
 ・AI開発でアメリカが中国に負けている4つの理由 - Newsweek 日本版 平成30(2678;2018)年01月24日(水)12時05分

僕の観点

 「第二次世界大戦以後の米国は、人道的な観点において、倫理性に欠ける事の研究は、公にする事が無く、他者を引き立てる」と、判断するに至っている。

 また、他者を引き立てる事で、「その他者に対抗する為に・・・」との展開を、民衆の意識へ、植え付ける傾向も有る。

 既に、中華人民共和国は、『(甲)IBM、(乙)人体模型展、(丙)他の輸出品』等の事情からも解る通りで、IBM は、India(インド)への進出も行っているのかと想われつつ、次に、Africa(アフリカ)等が、標的に、成っているとも想える。

 結果的に、中華人民共和国は、他の先進国を真似事や、他の国から何だかの生産を頼まれた物の製造を行い、輸出を行っているだけで、『自らで、開発する』と言う観点には、(国民性の観点から)欠けていると想える。

 人類的な観点では、「中華人民共和国は、古い歴史を有するが、現状では、過去の文化が活かされておらず、労働面においても、人(民)がRobot(ろぼっと)的な扱いを、受けたりする傾向に有る。