記事一覧

中華人民共和国の政府と、犯罪の組織とが対決

犯罪の組織を、一掃する宣言

 国際的な公言と成っている。

参照
 ・習氏、マフィア一掃宣言 - jiji.com 平成30(2678;2018)年01月27日

原因は、一人っ子政策の失敗や、国民が不良化する原因の追求が無い事

 中華人民共和国では、一人っ子政策が展開されていたが、それに民が応じず、『隠れて子供を作りつつ、その子供を売る』等の問題が生じており、約20年前に、雑誌などで話題に成っていた。

 『(甲)『黒孩子』と呼ばれる人達が不良化する問題と、(乙)貧困な農村地での生活や、(丙)覚せい剤などの製造で、利益を得ている』等の問題が深刻で、他国(中華人民共和国だけ)の事とも限られてない。

比律賓(Republika ng Pilipinas:フィリピン共和国)

 Republika ng Pilipinas でも、『(ア)国民の不良化を抑制する事と、(イ)経済や文化の向上』が課題に成っている。

 中華人民共和国との類似点は、一般人への基礎的教育が、不十分な事と想われ、近年だと先進国でも移民の受け入れから、倫理(法的な秩序:治安)の低下が見られ、かなり深刻な問題と成っている。

悪魔の連鎖

 資本論では、「悪貨は、良貨を駆逐する」と言われるが、それが人ならば、「悪人は、善人を駆逐する」と類似する。

 人間の不幸における連鎖は、各宗教でも課題と成っており、「基本的には、被害者に、復讐(心)を諦めさせる」のが一般的と成っている。

 「目には、目を、歯には、歯を・・・」(Code of Hammurabi:ハンムラビ法典に記されている)と言う観点も、古代から有名である。

 実は、この「(一)やられたら、やり返す。(ニ)やられなければ、相手に害を与えない。(三)逆に、良い事を受けたら、それも、やり返す」との観点は、論理的な戦略論においては、『どのような効果が有るのか』を理解する必要が有り、近年だと 『(1)GAME の理論、(2)行動経済学』等で学ぶ事が可能。

一人っ子政策と、国民の不良化

 AIや、工場の機械的な生産作業工程により、人材の必要性が求められない時、それによって生じる問題を、共産、共和、労働などの主義が、理解されて無い場合には、自滅的な状態に陥る事は、論理的にも解る事で、それを「戦争などを生じさせ、過剰な民を、殺傷的処分を行う」との展開は、現在の政治学だと、極普通に古来から起用されている『余剰民処理の方法』とされている傾向が有る。

 つまり、戦地に送り、処分する方法。

 長年に、「(A)対立する暴力団や犯罪の組織、(B)国家的な規模で対立する人間の争い、(C)他生物における文化と対立、異生物との共存、排他性」等を、色々と学習すると、人に限らず、あらゆる生物で見られる『習性で、対立が繰り返される事』が解る。

 その対立性は、あの『自由、平等、博愛』(背景で敵側に、『不自由、不平等、無知』を展開する傾向に有る)を自称する団体でさえも、組織間での対立が有る程で、どのような宗教、思想であっても、争いが生じている。

 また、『平和』を勘違いする人も居るのかと想われるが、「善人や悪人も、食べる事(人が生存する為の手段)に付いては、不自由なく」なので、平和な世界に、悪人が居ないとも限らない事が解る。

 それらを想えば、「一人っ子政策は、人類的規模で重要な課題だった」と解るが、日本国や、他の先進国における出生率と比較すると、なぜか中華人民共和国の政策が失敗に終わっており、なぜか「多産を教えるような宗教に所属する女性だと、過剰な多産を独自に避ける」との傾向に有る。

儒教の呪縛

 『年上を敬う観点』が過剰だと、「年上の悪人でさえも、敬う者が生じる事」も解るのかと想われる。

 本邦では、主に少年期の不良的集団で見られ、一般社会人でも、悪い上司(先輩)が、新人の正義心を駆逐する傾向が有るのも、世界的に共通の事実であり、前出の「悪人は、善人を駆逐する」が、成り立っている事も解るのかと想える。

結論

 「教育が重要視される事」が解るのかと想われる。

 僕は、よく『洗脳、Mind control(マインド・コントロール)』と言う表現を使う。

 ところが、「それらが、悪用されているから、悪い印象が有る」のであり、『憲法や法律を守る』と言う観点も、洗脳、Mind control によって成り立つ事を、理解する必要が有る。

 つまり、「良い意味で、洗脳、Mind control を受ける事は、悪い事なのか」が問われつつも、本邦における似非な宗教、思想の団体を見れば解る通り。

 本邦だと、義務的教育で習う内容は、習うだけに留まらず、憲法や法律に従うようにと、洗脳、Mind control されて成り立つ。

 逆に、「本能的に義務的教育への参加を拒む性格が生じても、当然である事も解る」のかと想われる。

 よって、「何を基準に善悪を解くのか」が重要視され、犯罪の集団などでは、「精神病質者の指導者により、新たな精神病質者が造られる事が多い」のも特徴で、それによって生じる『悪人の集団化を抑制する』のが課題と成り、不良側の立場(心理)と、理想との『 歪み 』を、「 眼鏡の度を合わせるような修正 」が、必要とされる。