記事一覧

No.620 避難行動要支援者の数

配信 平成30(2678;2018)年02月06日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.620
作成 平成30(2678;2018)年02月04日
課題 避難行動要支援者の数
送付 平成30(2678;2018)年02月05日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 広報たちかわ 平成29(2677;2017)年度07月25日 5頁に、『避難行動要支援者登録制度の登録』に付いて、記載が有る事を確認。

 「現状において、どれくらいの登録者が居るのか」を明確にされたい。

 また、「稼働が可能な、支援者の数」も、明確にされたい。

 更に今後においては、それらの数を、年度毎に(最低でも一年に一回は)、広報紙や、Website 上で公開される事を検討されたく、表記の方法も、年次的推移が解るように、(統計図などの形式で)表記を行われたい。

一、
 『避難行動要支援者登録制度』における登録者の数

ニ、
 支援を行える者の数

三、
 過去五年間の記録(可能なら、推移が解るように、統計図も用いて、明確にされたい)

結語

 『避難行動要支援者』の数と、『支援を行える者の数』の比率が、適切と成らない場合、少なからず論理的に成り立たない制度と成る。

 また、「論理的に成り立っていても(比率的に、満たされていても)、大規模な災害が生じた時には、『避難行動要支援者』に限らず、『支援を行える者』も被害に遭う事が解っている」のだから、相応な訓練なども求められる。

 よって、「市内や、各町内自治体ごとの防災避難訓練の時には、『避難行動要支援者』と、『支援を行える者』による訓練も必要である事が解る」のだから、それらの実施も検討されたく、その状況を広報紙や、Website 上で、写真に限らず、動画などで公開する事も、検討されたい。

 なお、僕が知る限り、「立川市役所の管内における単身高齢者の数は、周辺の自治体よりも多く、災害の状況に応じて、近隣自治体との境目に住む家庭では、他の自治体に所属する民と、協力的な行動をする必要がある」ので、災害避難訓練の内容も、『周辺の自治体と、合同的な訓練が求められる事』も、理解されたい。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、避難行動要支援者の数

神 現実的な可能性を満たす(成功率を高める)事が、求められる。

鬼 嘗ては、「死者数よりも、多くの産屋を造る」と、言っていたよね。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =