記事一覧

No.621 大気の汚染に付いて

配信 平成30(2678;2018)年02月12日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.621
作成 平成30(2678;2018)年02月12日
課題 大気の汚染に付いて
送付 平成30(2678;2018)年02月12日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立川市役所の Website に、『 立川市役所 > 暮らし・環境 > 環境 > 騒音・公害 > 大気汚染 』の枠が有って、その中で『光化学スモッグの被害にあわないために』 更新日 平成29(2677;2017)年01月06日 との頁が有る。

 そこに、『立川市役所管内で、大気の汚染における事情が、記載されている』が、僕が立川市役所の管轄下へと転居を行ってから、数年経つが、これまでに、大気の汚染に関する警報、注意報などを、管内で聞いた事が無い。

 よって、実際に大気的汚染が生じているのかを明確にされたい。

 なお、該当の頁には、「例年、春から秋にかけての日差しが強く気温の高い、風の弱い日に発生」との記載も有る。

補足

 仮に、大気的汚染が生じているのならば、『今後においては、注意報、警報を、全市民に判るように出す事の検討』も行われたい。

結語

 公害の問題は、「一般の成人(民)における観点で、後世代へと引き継がせない、問題」と認識されているはずであり、頁の更新日を見れば、「現状でも、大気的汚染が生じている」との事であり、「それ(大気的汚染)における責任を、長年に立川市役所の管轄下に有る民は、負ってない」とも判断できる。

 少なからず僕は、他の民と同じような『無責任な民』と成りたくないので、『国民の一人と言う観点から、相応の責任を負っている事を自覚する』為にも、確認を行うに至った次第である。

 なお、これまでに、広報紙などでも、大気的汚染に付いての課題を見た事が無いので、『広報紙でも、大気的汚染に付いての事情を、明確に行いつつ、市民が負っている責任を、果たさせるように促す事を、自治体が務める事』も、求める。 

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、大気の汚染に付いて

神 放射能の汚染を含めて、無知な民が被害を受けている。

鬼 原子力発電所の冷却水は、海へ捨てられていますけどね。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =