記事一覧

平成28年に生じた裁判官を対象とする(民事の)事件に付いて

反政府意識を育てる為の工作だった疑いが有る

 一連の事件から、「(A)僕の心境を害する事、(B)それに伴い、反政府意識を育てる為の工作だった」との疑いを抱くに至っている。

擦り寄り工作の展開

 八王子警察署管内における倫理性の向上を展開する時に、中央大学(法学部)の非難を行った。

 その後、似非右翼、指定暴力団、オウム真理教などの『擦り寄り』が、多く生じていた。

 その工作(及び対応)に付いては、公然と他者にも行われていると判断。

 そのような工作(及び対応)に関与を行った人材(公務員)は、違憲、不法と判断でき、本邦に必要とされてない。

 よって、本件に関係する「各種指導者(職務上において部下へ指示を出せる権限を有する者:管理職 公務員、及び対応を行った者)に付いては、警戒が必要」と判断するに至っている。

補足

 なお、該当の裁判官(僕に訴えられた裁判官)は、平成29(2677;2017)年04月01日から、高等裁判所の裁判官に成っているとの情報も有る。

 また、似非 Christian(自称、Christian であっても、素行の確認から、Christian と判断するに至らない者達)等の存在も伺える。

参照
 裁判官検索