記事一覧

強姦と痴漢の冤罪における、昔と今

『(あ)強姦(ごうかん)』と、『(い)痴漢(ちかん)』の冤罪(えんざい)

 古来から(近代に至っても)問題視されており、「男性的社会の文化では、女性の主張が、常に認められ難い」との状況にある。

 また近年だと、『(い)痴漢の冤罪』が問題視され、「男性の無実性が、認められ難い」との近代社会的な問題』も生じている。

(あ)の問題

 「男性の主張を、他の男性が認めつつ、庇う傾向に有る」との『(男性)社会的な効果』によって生じる事が解っている。

補足 社会的な効果

 本節における『社会的な効果』とは、「政治的な統括的要素が含まれるのか」との観点にある。

 もともと強姦罪で告発されるのが、一般人の他で、「社会的に地位の高い人物が、告発される事も有り、それ(の社会的地位)を庇う事に起因する」と、僕の研究では、判断するに至っている。

 また、その『社会的地位の過保護』が、世間的に公に成らないように、「男の性的な衝動(しょうどう)」と、一般に広めて、Mosaic(もざいく)化が図られ、それが定番と成った」とも判断するに至っている。

(い)の問題

 「男性は、(すけべで)痴漢を行う事が有る」と、男性側が認めており、それによる(男女共に認める)世間的*1な効果によって、(あ)と逆に、男性の無実性が、先入観から認められ難く成る。

取り調べの可視化

 僕(行政に対する鑑査の活動、及び経世済民活動)的には、取調べ時における、『(ア)録音、(イ)動画の撮影』など、主に電子的な記録化への推奨を、長年に行っており、相応な要望なども、行政の機関へと、行っている。

*1:前出の『社会的な効果』と異なり、一般的に広く認められた観点的