記事一覧

あなたは、誰かの為に、悪に成れますか。

誰だって、悪に成りたく無いだろう

 でも、僕は、誰かの為に悪に成る。

 それは、ある事を知って事に起因する。

 人は、代々に、命を尊く御想い、それを引き継いで来た。

 恋する要望の果に、産まれた愛する子供達は、実の兄弟(姉妹)であっても争うのに、義理の兄弟(姉妹)が争わない訳も無い。

 親は、子供に不幸を与える為に、造り、産んだ訳でも無い。

 それは、人に限らず、あらゆる生命に言える事。

 あらゆる生物に成り代わり、想う事。

 正義の名の基に、戦い散った者(物)も居る。

 人が生き続ける事の責任は、人が想っている以上に、重い。

 それは、地球上に居る限りは、地上の重力によって生じる重みでも有る。

 人が本当の自由を求めるには、地球の重力、宇宙への旅が必要だ。

 そう考える人も居るのかと想われる。

自由

 ところで、君の自由は、何処に有るのか。

 零が愛ならば、何も無い事を表す文字が、そこに存在をする事は、正義なのだろうか。

我々

 我々は、存在する。

 我々は、零でわない。

 我々は、存在する事を、尊く想う事が求められ、それが有する者(物)の宿命と成る。

君は、誰かの為に、悪に成れるか。

 それは、犯罪に着手を行わず、見せかけだけの悪。

 それが、誰の為なのか。

 代々に引き継がれている意志、それを誰が引き継ぐのかを、君が決める。