記事一覧

加害者へ、過剰に同情する事で生じる二次的被害

犯罪学や、事件の追求を行っている過程などで発生

 一般的に、広く知られている『 Stockholm syndrome(ストックホルム症候群) 』が有る。

 それと同じく、「 加害者へ関わる事で、過剰に同情心を抱き、結果的に加害者と同じ思想の観点で行動するように成る 」との症状が有る。

PC Virus、病原の Virus と同じく、思考や感情が蝕まれる

 一般人の技能では、PC Virus、病原の Virus を、どのように防御するだろうか。

 人体的な免疫学と同じく、思想や意識に付いても、防御が必要とされており、『 心的な傷害 』に付いては、医学的に認められている。

警察官の事例

 嘗て、男性的社会が主流だった司法の分野では、色々な問題が有った事で知られている。

 勤務中は、比較的に倫理的に振る舞うが、公務後に、売春(強姦を含む)、賭博(とばく:賭けて行われる、Gowf、麻雀)など、各種の刑事(事件)に着手を行う物が、古来から生じている。

 本邦の歴史では、警察官(取締役:御用人)に限らず、権力を有する物が、過剰に権利を利己的に乱用する精神病質性によって、暴君が生じる事は、本邦の文化史に限らず、あらゆる文化(世界各国の地域や、宗教、思想)の記録や、物語の形式で、語り継がれている事が多い。

 また本邦では、「犯罪者の気持ちを理解する為に、御前も付き合え」と、先輩(精神病質者)から誘われ、それを断ると強要されたり、差別、侮蔑、暴力的な行為を、一般の公務中でも行われる傾向に有る。

 それらは、僕が学生の頃(約20年前)から把握を行っており、外に自衛隊、後の10年後ぐらいに、消防*1の分野で生じている事が解った。

 警察の分野では、主に『 溜め込まれた資金の横領(交際費と称する仲間内での消費や、個人の横領など) 』を把握。

 学生に成る前では、中学生時の同僚が、厚生労働省に就任後、会計の部署に配点された後に、色々と吐露された事も有る。

 それらの口封や、出生に関する工作などを理解されてない場合、『捨て駒』に使われる。(一般的には、『蚊帳の外』と成るので、疎外感を事前に感じると想われる)

つまり、公務員に限らず、人の間で生じる。

 僕の経済的研究では、当然に防犯も含まれ、宗教、思想、結社に関する分野は、学生の頃から独自の研究を行っている。

 必然的に、意識の操作、洗脳、工作なども学ぶ事に成るが、素人の研究だったので、「過剰な先入観や、追求心も無く、ゆえに悪影響を受けてない」のかとも想える。

今回に危惧するのは、公務員や報道

 防御の能力が無ければ、相応な刑事に着手を行う傾向に有る。

 また、それの隠蔽率も、社会正義を過保護にする観点から、高く成る。

 もともと、反社会勢力の目的は、「現状の政府へ、反意を抱かせる事」が基準と成るので、公務員が不法な行為に着手を行うような人格と成れば、それで十分に目的(反社会勢力の利益)に成る。

犯行には、『動機(どうき)』の有無が追求される。

 本邦の司法では、「犯行の事実を追求される時に、必ず『動機』の有無も追求される」ように成っている。(「確信犯か、過失か」が、審判される)

なぜ、公務員など、司法の人員が取り込まれるのか

 前出の一連から解る通り、「 加害者への同情から見えるように成る世間の構成や、世の中の矛盾から、加害者の思想、指導、意識を、自らにと、自然的に取り込む事で生じる 」と、僕的に判断。

 近年では、それ(意識の操作)を行う時に、「(A)各宗教の教えから入り、徐々に、教える内容を変えて行く方法。(B)啓蒙と称する観点から、宗教を嫌がる人向けに、展開」が用いられていたりする事を確認。

 更に、『(C)軽い催眠の状態を、作り出す Yoga(よぉ−が)』や、それらを『(D)集団(の中に、工作員が居る事が多い)で行い、共感性や、仲間意識の効果で、同胞に取り込む*2』等の、構成員を増員する為の工作が展開される事例も有る。

 外にも、以下の工作の事例(における基礎)も、理解する必要が有るのり、それを学ぶに至っては、注意が必要。

・bandwagon effect (バンドワゴン効果)
・催眠的商法 ( Bait-and-Switch Schemes : SF 商法商法)

 など、行動経済学、行動心理学、犯罪心理学にて、詳細を学べる事が有るのかとも想われる。

公務員の精神病質性

 基本的には、「利益と行動が割に合わない」との観点から生じる根底の動機から、精神病質性が芽吹き、後に成長するのが一般的と判断。

 意外にも、一般人と異なり、犯罪者を目の当たりにする業務の人材が、陥り易いと判断する(これは、確率的な観点でも解る通りで、「害と接する機会が多い方が、危険」と観点)に至っている。

 実は、その状態を把握するに至った約15年前から、『男性社会の闇を浄化する手段』で、「女性(男性の社会悪に、比較的に染まり難い:例えば、風俗店へと娯楽で行くのに、誘われない等)の公務員を、各種の分野で多く採用するようにと求めつつ、更に『男女雇用均等性を前衛』に、戦略の展開を行った事が有る。

 これは、警察の分野における機動隊の隊長に、女性の職員を推奨(僕が、推奨を行った当時には、未だ居なかった)する等の、経済的戦略の展開でも、僕が用いている。

 近年では、女性の特有的性格から、『既婚、未婚者の性交における関係』を懸念中で、『(a)多くが比較的に地位の高い男性と、地位の低い女性の間で生じ、(b)その逆に、女性の地位が高く、男性の地位が低い場合、(c)同性愛』等の観点でも、警戒が求められる。

犯罪者は、「警察は、汚い」と主張する事が有る。

 長年の僕の独自研究からも、その通りに違い無く、その対策を行政の機関へと、随時に求めている状況に有る。

防御の方法は、二つ

 大枠で、『拒絶(除去)か、理解(分解的解釈で、中和する)』との二つに成るのかと想われる。

 一度、取り込んだ思想や観点は、知識と認識され、己に残る。

 それが、PC や、病原の Virus が潜伏する期間と同じく、保持され、ある時(取り込んだ思想を有益と感じられる、環境を体験、実感する事)によって、精神病質性が芽生える。

 その『精神病質性が芽生える』時に、除去する必要も有るが、普通だと自然的な抵抗力(免疫性)から、情報を取り込む事を拒絶するか、仮に情報を取り込む時には、『危険的な悪い情報』と認識する観点で、取り入れる事で、対応が可能と成る。

 それらは、『医学の治療における観点や、PC での対処、一般的な人体医学でも解るような免疫性への理解』等の情報と、「犯罪の思考を学ぶ時の注意(心得)の有無が問われる」が、指導者に欠如が有るならば、その配下では、自衛力の無い人材は、危険に晒される事を意味する。

結語

 得た情報に、感情が生じた時には、それを解毒する必要が有る。

 また、加害者へと過剰に同情する必要も無く、仮に同情を行っても、憲法や法律に基づく、適切な対処が求められる。

 これまでの僕による経済的戦略の展開では、「犯罪者の観点から、『犯行が、生じ易い環境において、どのような状態ならば、犯行に着手を行わないのか』と言う、予防の追求を主とする」のであり、既に犯行に着手を行った者には、『被害者の視野、観点で解釈する』ように心がけている。

 更に、「司法の分野で、高学歴の人材には、精神秒質者が多いのは、事実」と判断するに至っている。

 これは、八王子市役所、立川市役所の管轄下、警視庁、警察庁、法務省、最高裁判所など、司法の機関に夜属する人員へと、『(壱)精神的な負荷(一般的に受けるであろう、攻撃性に耐えられるか、回避を行えるか)の実験と、(弐)それによって反撃(報復、職権の濫用など)を受けた時に、僕が過剰に反応する振る舞いを行った時に、公務員側が行う動向の結果を把握する(精神病質性を図る)実験』を、長年(随時)に行っており、それらの結果から、色々な事が解った。

 基本的に、「高学歴の人材を、過剰に庇う傾向に成り、可愛がられている人材(特に女性)も、同じ」と、判断するに至っている。

 例外的に、「(1)女性の上司で、倫理観が高い場合には、外見や性格で評価を行わず、業務(公務)成果で評価する事が多く、(2)その反対に、男性の上司が、可愛い部下を評価する時は、『外見、性格の良さ』で、過剰な評価を行っている」と判断でき、(2)によって地位を登って行く人材が、公的な被害を発生させるに至っているとも判断、その現象は、政治や、大学(の講師と、生徒:「例えば、単位の習得において男性教授が、女生徒に性交を求めた場合、それに合意が有って取引が行われれば、売春が成立する」と判断できる)でも、見られる。

*1:地域の消防団による、使い込み、交際費で、飲食、風俗店の利用などのの事例も把握
*2:この方法は、本邦だと指定暴力団にも見られつつ、一般の宗教や思想の団体でも見られるが、القاعدة‎等の中東系、 Terrorism でも見られつつ、CIAの関与が疑え、Freemasonry、Jehovah's Witnesses 等の Christianity 系でも確認が行え、現状だと極一般で、広く使われる方法に成っている事も解る。