記事一覧

現代の人類における共和制とは

「 Freemasonry が、悪用を行っている傾向にある」と判断 - 警告

 Freemasonry が、属(奴隷:僕の経済的研究では、『僕民化、牧民化』*1と判断)国の工作を展開する時に、用いられると判断。

共和の活性化を図る工作とは

(A)
 主に、王政の廃止を求める事を活性化させる。

(B)
 大衆(民衆)には、「誰でもが、平等に大統領に成れる」等と、振る舞うが、『(甲)実質的には、大統領に成っても、規則によって勝手な事を行えず、(乙)暴君の抑止力にも成っているが、(丙)その反面で、特定の思想における概念へと、必ず誘導される*2』との事が解っている」のであって、現状の米国は、本邦よりも規則の数が多く、「もはや米国が、自ら『自由の国である』と主張を行えない」程の状態*3に有る。

 また、共産圏でも確認が行える、『(Ⅰ)特定の種族*4、(Ⅱ)思想』の優待性が、共和主義でも生じており、Freemasonry が主張を行っている、『自由、平等、博愛』は、組織内でも生じおらず*5、それを本邦の文化的な表現で表すとは、「目前に、前後、左右に揺れる人参を、ぶらさげられ、それ追い求めて、走り回る馬ような状態』と、成っている。

参照
 人参を追う馬の現象 - よろずや Blog 経済の活動::戦略論 平成30(2678;2018)年03月07日(水)12時10分

 特に、教育(本邦では、義務的教育)に関する分野で、欠如が有る国や自治体が多く、その理由に、「国家の組織を形成する人材や、自治の統括者の周辺を構成する人材が、『各人材の血族で構成されている』場合には、その優位性を保つ社会的体制によって、「新たな他人を受け入れず、自らの血族や、同胞*6によって生じる」との事も解っており、本邦れも企業などで、見られる。

(C)
 

原住の思想を排除する事で、新たな思想を受け入れさせる)と成っている。例外的に、君主が、Freemasonry に加入を行った場合、延命的に保持されるが、君主の効果(国家の統合性)が無く成ったら、排除の工作に転化する傾向に有る。

 只単に、『時の王(大統領)』(一人の人物に、拘って権力を維持させない)を展開するだけで、「ある意味で平等性を保つ(誰でもが、大統領に成れる機会が有ると想わせる:大統領に成る為には、相応の能力が求められ、それを得る為には、多大な利益を、Freemasonry に発生させる仕組みに成っている)には、都合が良い(共産主義よりも賢いが、共産主義と変わりない、同胞的主義の前衛で、前映*1と同じ)」で、「王が居なければ、誰に従うのか。代わりに、行政に従うのだろうが、その行政を仕切っているのは、どのような組織か。Freemasonry の統括者における権利は、どの程度か。」等、結果的に影の王さま(絶対的な権力者)が、存在する事を意味する。

*1:違憲、不法な行為
*2:意識の操作が有る:自然的と異なり、異常な合理性も有って、『実態のない暴君』と化する傾向に有る。
*3:本邦の方が、米国よりも自由な状態
*4:主に、血族や親類、同胞や、仲間的意識の強い人間の関係
*5:組織的には、完全な社会的体制
*6:この場合の同胞は、人選を行える立場に有る者の『好み』と解する