記事一覧

性欲を満たす人形と、中華人民共和国

男性に限らず。

 僕の把握では、どこの文明(及び時代)でも、女性を含めて、性欲を満たす事を図る試みは、色々と有る事が解っている。

参照
 Replacing China's Missing Woman Newsweek 日本語 平成30(2678;2018)年01月24日(水)16時10分

記事的には、揶揄(やゆ)に指摘されているが、

 地球上における人口の問題を、経済的に想えば、かなり深刻。

 実は、『性欲を満たす』と言う観点は、先進国の方が積極的*1で有り、宗教の観点を上回る程でもあるが、それによって自然的に人口の調整が図られているのも、事実である。

 また、中華人民共和国の人口よりも、भारत गणराज्य(インド)、Āfrica(アフリカ)、中東の地域などにおける増加の方が、世界経済の観点からも、危惧されている。

 なお、『宗教上における避妊の拒絶』は、戦略的観点での事であり、「同胞を増やすには、都合が好い」との事における事情であって、近年だと、あらゆる宗教で、「過剰な多産を抑制するように求められている」が、例外的に、『新興の宗教や思想などでは、多産を勧めつつ、同胞を増やす傾向にある』*2事情から、本邦の国内における事情でも、僕の経済研究的には、問題視するに至っている。

*1:比較的に、文明の高い文化では、積極的に想える。
*2:単身のまま、生涯を終える事を推奨するのでなく、人口の生産、及び『夫婦による子供を造る事への社会的責任』と言う観点から、「今時代的に、二人以上の多産は、求められて無い」と、僕的な判断をするに至っている:全人類規模での経済的観点における