記事一覧

No.627 似非な(市民)大学に付いての再確認

配信 平成30(2678;2018)年06月14日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.627
作成 平成30(2678;2018)年06月13日
課題 似非な(各市民)大学に付いての再確認
送付 平成30(2678;2018)年06月14日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 過去に、立広聴・平成24(皇紀 2672;2012)年度・第158号において、立川市役所が「学校教育法・第百三十五条には、抵触しない」と返答を受けている。

(あ)
 以後(今日まで)、立川市役所が『似非な大学(Silver大学、たちかわ市民交流大学など)』を維持するに至っているが、それを保持する法的な根拠を明確にされたい。

(い)
 また、「今日までに『修学の(単位)認定か、大学の認可を受ける』べく、努力が行われているのか」も明確にされたい。

補足

 「講座の内容が、大学の学修と同程度か、それ以上と認定されるならば、申請によって、大学の単位と成る事も有る」と想えるが、それが行われているのか等を明確にされたい。

結語

 既に別件(本件課題外:(A)選挙の投票を妨害する者、(B)他人の心理を操作、及び心情に危害を加える者、(C)それを黙認する他者、(D)一般人が平穏に生活する事の妨害など:宗教、思想の団体が異常に多い自治体の割に、「憲法や法律に照らせば、倫理観が異常に低く、司法の人材における無能さを感じる自治体」との経済的な評価)を含めて、「立川市役所の自治は、憲法、法律に従う意志が無い自治体である」と、総務省 自治行政局に伝えつつ、自治権の剥奪を求めた事も、過去に有る。

 「(a)近年では、在日外国人(南北朝鮮人、中華人民共和国)の子孫でも、帰化後に公務員に成る者が居るのかと想われ、それによって公務上の倫理観が歪められているのか、(b)僕の調査では、『在日外国人に、一般人よりも優位な生活を与えつつ、手なずけて、隷従化させる事に成功するに至った、思想や宗教も有ると想える』等と判断するにも至っているが、それらの原因によって、憲法、法律に伴う倫理性が歪められているのか」を疑うにも至る。

 嘗て、八王子市役所の管轄内に居住を行っていた時は、「法学部、法科大学院を有する大学が、異常に多く在り、更に裁判所まで在る自治体なのに、刑事、民事的な倫理性が、異常に低かった」との状態にあって、当時の市長だった黒須 隆一 殿へと、色々な『公共(一般人)の健全性を維持する自治の環境に付いての提案』を行った事も有るが、「それ程に、(多摩地域の)司法が役立ってない」と言う事も解るのであり、司法の機関に、失望する状態にあったが(故に、裁判員制度などの推奨を、民の一人と言う立場で行った事も有る程)、それらの延長に「本件のような、憲法や法律の観点から、歪むような事が生じているのか」をも疑うに至る。

 つまり、在日外国人の(出産後における子供への)責任を疑う以前に、「司法の人員、並びに法学徒、一般の司法研究者の無能さ、及び一般の民における無責任さを疑う」にも至る。

 よって、本件の課題では、「単に大学の設置を法的な観点で指摘を行っているのでわく、日本国の民と言う自覚、または、在日外国人であっても、本邦で生活する者と言う事への自覚に『欠乏』する状態にあり、日本国 憲法 第十二条を逸脱する『勝手な』(自由と認め難い)思想、宗教に基づく理念で、自治性を保持するに至っているのか」とも疑え、それが『経世済民的に良いと判断するに至らない』のだから、それらの歪みを改めるように、日本国の民、その一人と言う立場で、自治体に求めるのは、当然の(日本国 憲法の前文を保持する)事と判断するので、再確認をするに至る。

 なお、日本国 憲法 第十二条(原文:この憲法が国民に保障する自由及び権利は、国民の不断の努力によつて、これを保持しなければならない。又、国民は、これを濫用してはならないのであつて、常に公共の福祉のためにこれを利用する責任を負ふ。)に記載の有る通り、「民の努力(『修学の認定か、大学の認可を受ける』等)によって、違法な状態が解消される」と言う部分においての『欠乏』が有るのかと想えるので、憲法の前文 第二段落目の趣旨(原文:われらは、全世界の国民が、ひとしく恐怖と『欠乏』から免かれ、平和のうちに生存する権利を有することを確認する。)に伴い、日本国の民、その一人と言う立場で、「(再:動向、経過の)確認を行う」に至った次第。

>追伸
 八王子市役所の自治体に住んで居た時から、「七十歳以上による公立大学の受講、聴講を、『無料化、割引する事』を、国家が検討するように求める事」を考えている。

 また、各市民大学の講座で修了するに至った単位が、各大学で認められれば、国民の利益にも成る。

 なお、警告するが、大韓民国内(在日を除く)における少年(男子、女子)が大学へ進学(海外へと留学)する率は、本邦の事情に比べれば異常に高く、本邦の各企業に限らず、他国でも、大韓民国人の起用率が高く、僕の人生における過去の職務的経験でも、何度か上司が大韓民国人や外国人だった事も有る(と言う事には、違和感が無かった)程で、この文面を見る者は、「日々の公務が、誰の(利益を確保する)為に、職務を遂行するに至っているのか」は、日本国の経世済民性、及び自治(所属する民が、平等に責任を負う自治体であり、在日外国人も含まれる)の観点から、本邦の民における子孫が低学歴を維持する事は、国際的競争の観点で、将来的に不安に感じられつつ、立川市役所の自治体が、「本邦の民よりも、在日外国人の優位性を維持する自治なのか」をも疑うに至っている程の心境に有る。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、似非な(各市民)大学に付いての再確認

神 信仰が悪いのでわ無く、人が悪い。

鬼 この際だから、はっきり言いますけど、鬼は、悪くありません。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =