記事一覧

No.629 管内における『空き家』の事情

配信 平成30(皇紀 2678;2018)年06月19日
= 万(よろずがく)学 2 行政に対する鑑査の報告書 =
No.629
作成 平成30(皇紀 2678;2018)年06月19日
課題 管内における『空き家』の事情
送付 平成30(皇紀 2678;2018)年06月19日

前文

 この文面は、日本国の憲法・第十二条を基礎とする経済的活動の一部であり、特定の政治、宗教など、何だかの団体や、議員の優位性とは、一切に関係が無く、文面の作成を行っている。

 よって、各政治、各宗教などの団体が、本文と同意的な思考で活動を行っていても、一切に関係が無く、僕の独自な経済的観点と成るので、予めに御理解をされたい。

 なお、本文を各政治、各宗教の団体が活動に流用する事は、著作権の関係からも許可する事は、無い。

趣旨

 立川市役所管内における『空き家』の事情に付いて、Website(立川市空家実態調査報告書)上からも確認を行っているが、次の項目が不明と成っている。

(一)他機関と情報の供給
 『立川市空家実態調査報告書』などは、『(あ)警察、消防、(い)電気、水道、Gus(気体的燃料)、(う)通信(電話などの各種情報網)の各業者』等と、情報の共有を行っているのかを明確にされたい。

(ニ)再利用の予定が無い空き家(廃屋)の処理
 「(ア)廃屋を更地にする為の費用を、助成する制度が有るのか、(イ)その検討が行われているのか」を明確にされたく、「(ウ)既に助成の制度が有る場合は、利用の状況」を明確にされたい。

 よって、(一)、(ニ)の件に付いて、明確にされたい。

結語

 自治体(立川市役所)の努力に伴い、それに応えるべく民側の事情と、(民側の事情で、自治体の期待に副えない民が居る事に対する)公共側の『構え(そなえ)』が必要と想える。

 立川市空家実態調査報告書からは、特定の地域に空き家が多い事が解っており、『(A)大地震などの自然的な災害、(B)一般の火災(放火などの刑事を含む)、(C)景観、及び自然的環境の劣化』等において、比較的に危険性が高く成る町内が有る事も判り、公共側、民側の努力にも限界が有るので、それ相応の対策を用意する必要が有るのかと想われる。

 よって、前出の『(一)における、(あ)、(い)、(う)』、並びに『(ニ)の(ア)、(イ)』の確認を行いつつ、相応の検討を改めて行ってもらう事で、更に被害の規模が最小と成る事を、目論む。

 なお、広報たちかわ 平成30(皇紀 2678;2018)年01月10日号、三頁にて『どうなる?、どうする??、私たちの空き家』等が行われている事を、一般人へと情報の公開が有る事などは、既に確認済。

注意

 本件の御返答は、書面で行われたい。

本文の発送先>

・立川市役所

笑いの電動コケ師達(天使と悪魔の囁き)

万学2的、管内における『空き家』の事情

神 予めに想定される自体を前提に、備える。

鬼 『案ずる(恋愛を想う)』よりも、孕むが易い。

MailMagazine の登録、削除、BackNumber

BackNumber
登録、削除

運用

作成・編集 万屋

Web Site(趣味的)

よろずや Wiki

 ・Podcast の運用

= 無許可で、複写・転載・引用を行う事は、止めて下さい。 =